« メジャー・スケールの運指 (3ノート/ストリング) | トップページ | 4和音(セブンス・コード)のまとめ »

3和音(トライアド)のまとめ

ここでは、和音(コード)の基本、土台となる3声の和音についてまとめます。

読んで字のごとく、3つの音で作る和音(コード)の事を3和音(トライアド)と呼びます。

とは言っても、3つの音をただめちゃくちゃに鳴らせばいいってものでもなくて、
音の選び方/並び方には決まりごとがあったりします。

  • 音の並べ方 

基本的には3度(m3かM3か)の音程で音を積上げていくのが基本です。
例外や特殊なコードもありますが基本はコレです。

もっとぶっちゃけて言ってしまえば、ドレミファソラシドっていうスケールから
一個飛ばしで音を拾えばいいだけ。単純明快ですねぇ。

   ファ ラ シ ド)

Photo_2









ある音(図表の場合はC)をルートとして、その上に3度音程の音を積上げていけば
トライアド・コードの完成です。

音程ってなんだっけ?って場合はここをもう一度参照→(メジャー・スケール2

別の言い方をすれば、トライアドっていうのは、

  1度(ルート)
  3度
  5度

の、3つの音から成り立っていると言えるわけです(例外はありますけど・・・)

では、トライアドの種類とその呼び名についてまとめましょう。
分かりやすいように、ルートは"C"で統一しました。



1. メジャー・コード [ C / C△ ]

 
1





コードで単に”C”とだけ言われたらコレの事です。Cメジャーというのが正式な
呼び名ですが、ほとんど省略されます。

メジャーと呼ぶ代わりに”△”(白抜きの三角)が用いられる事もあるので覚えて
おきましょう。”C△”と書いてあれば、それはこのコードの事です。

ド~ミ~ソ~♪ と音楽の授業で歌わされた記憶がある人も多いのではないでしょうか?





2. マイナー・コード [ Cm ]

 
2




今度はマイナー・コードです。”Cm”以外の表記がまったく思い浮かびません。
マイナーは”m”(小文字のm)とだけ覚えておけばいいんじゃないでしょうか?だめ?

英書の中で ”C-” という表記をしている本がありました。マイナスはマイナーを意味してる
ようなので付け加えておきます。


先ほどのメジャー・コードとの違いは1音だけ。
3度の音が、M3(メジャー3rd)か、m3(マイナー3rd)かだけです

一般的に、メジャー・コードは明るい響き、マイナー・コードは暗い響きを感じさせますが、
その違は3度の音が半音高いか低いかだけで作り出されてます。




3. オーギュメント・コード [ Caug / C♯5 / C+5 ]

 
3





オーギュメント (Augment)って聞きなれない言葉ですね。増えるとか増やすとかっていう
意味のようです。音楽では半音上げる事を意味します。

このオーギュメント・コード、何を増やしているかっていうと、5度の音を半音高くしてます。
増5度なんていう表現を使ったりもしますね。




4. ディミニッシュ・コード [ Cdim / Cm♭5 / Cm-5 ]

 
4






増やしたら減らさなくちゃ対称性が保てません。っていう理由ではない(と思う)ですが、
ディミニッシュ (Diminish)とは減少するという意味、音楽では半音下げる事を指します。

マイナー・コードの5度が半音下がってますよね。減5度なんて言ったりします。


以上の4つがトライアドの基本です。

補足ですが、ルートの音をGに持っていけばGのコードになります。
その際の3度と5度の音程差(音と音の間隔)は変わらないですよ。
M3なら全音2つ、m3なら全音1つと半音一つ上です。

« メジャー・スケールの運指 (3ノート/ストリング) | トップページ | 4和音(セブンス・コード)のまとめ »

楽典 / 音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/23930216

この記事へのトラックバック一覧です: 3和音(トライアド)のまとめ:

« メジャー・スケールの運指 (3ノート/ストリング) | トップページ | 4和音(セブンス・コード)のまとめ »

無料ブログはココログ