« 4和音(セブンス・コード)のまとめ | トップページ | レスポールが戻ってきました »

テンション・コードについての言い訳的まとめ

テンション・コードとはなにかを一口で説明するのは難しいっす、
わたしのできる範囲をこえてます。

なので、極々簡単なものに留めておいて、先々にもっと詳しくまとめなおそうと思います。


4和音というのはざっくり述べれば、ルートの上に3度ずつ離れた音を3つ積み重ねたもの
(例外の部分には目をつぶりましょう)

ここまでの4つの音は和音の構成音で、その和音を構成する根幹になるものです。
この和音に構成音以外の音(装飾的な音)を加えたものをテンション・コードと言い、
その装飾的な音の事をテンション・ノートと呼んで、和音の構成音とは区別して捉えます。


では簡単なテンションコードの作り方です。

細かい事はぜ~んぶ無視してザックリと述べさせてもらえば、
4和音の4つ目の音、つまり7度の音の上に更に3度ずつ音を積み重ねる、それだけ。



Photo
















度数の表記ですが、1度(ルート)のオクターブ上を便宜上8度と呼びます。
そのまま8度、9度、10度・・・となるわけですが、オクターブが違うだけで

 8度=1度
 9度=2度
10度=3度

である事には違いません。

何もかもすべてに目をつぶって結果だけ示します。
テンション・ノートとして使える音というのは、

 9度  (2度)
11度 (4度)
13度 (6度)

しかないっていう結論になります。(#9とか♭9とかも含むと思ってください)

もう小難しい事は抜きにしてコレでいいじゃん、だめ?

« 4和音(セブンス・コード)のまとめ | トップページ | レスポールが戻ってきました »

楽典 / 音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/24036855

この記事へのトラックバック一覧です: テンション・コードについての言い訳的まとめ:

« 4和音(セブンス・コード)のまとめ | トップページ | レスポールが戻ってきました »

無料ブログはココログ