« マイナー・スケール1 | トップページ | メジャー・スケールとマイナー・スケールの関係(平行調) »

マイナー・スケール2

前回は(マイナー・スケール 1

メジャー・スケールは1種類だけですが、マイナー・スケールは3種類あります。
下記の3つですね。

ナチュラル・マイナー・スケール
ハーモニック・マイナー・スケール
メロディック・マイナー・スケール



前回はナチュラル・マイナー・スケールについてまとめましたので、
今回は3種すべてを比較しつつド~ンとまとめてしまいます。


ナチュラル・マイナーとメジャー・スケールの違いは3度、6度、7度にありました。
後の2種類のマイナー・スケールはナチュラル・マイナー・スケールから派生したもの
なので、ナチュラル・マイナーとの違いで比較していきます。


3
























一目瞭然ですね。

ハーモニック・マイナーは7度、メロディック・マイナーは7度と6度が半音上がっています。

ナチュラル・マイナーに対して7度や6度が半音高いって言う事は、メジャー・スケールと
同じ音使いっていう事でもあります。

まとめましょう。

ナチュラル・マイナー:  メジャー・スケールと比較すると、
                3度・6度・7度が半音下がっている。

ハーモニック・マイナー: ナチュラル・マイナーの7度を半音上げる

メロディック・マイナー:  ハーモニック・マイナーの6度を半音上げる


再度強調しますが、マイナー・スケールの基本形はナチュラル・マイナーです。
ハーモニック・マイナーはナチュラル・マイナーの和音に対する不都合(説明は省略
させてください。すいません)を解消するために生まれた派生形です。

また、メロディック・マイナーは、ハーモニック・マイナーの不都合を解消するために生まれました。
この理由は簡単です。
ハーモニック・マイナーの♭ⅥとⅦの音程差は1音半もあります。
ギターで弾いてみると分かると思いますが、スケールとして聴いてみたときに、
これはちょっと音が飛びすぎて不自然な感じがします。
そこで7度の音を半音下げて、まさにメロディックにスムーズな音階に成るようにと
産み出されたわけです。

次回は(メジャー・スケールとマイナー・スケールの関係(平行調)

« マイナー・スケール1 | トップページ | メジャー・スケールとマイナー・スケールの関係(平行調) »

楽典 / 音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/23408203

この記事へのトラックバック一覧です: マイナー・スケール2:

« マイナー・スケール1 | トップページ | メジャー・スケールとマイナー・スケールの関係(平行調) »

無料ブログはココログ