« メジャー・スケール 2 | トップページ | マイナー・スケール2 »

マイナー・スケール1

前回は(メジャー・スケール 2

メジャー・スケールについてまとめたついでに、マイナー・スケール3種についてもまとめちゃいましょう。

メジャー・スケールは1種類だけですが、マイナー・スケールは3種類あります。

 1. ナチュラル・マイナー・スケール
 2. ハーモニック・マイナー・スケール
 3. メロディック・マイナー・スケール



まずは、ナチュラル・マイナーから

1_2 













Cナチュラル・マイナー・スケールの音は C – D – E♭ - F – G - A♭ - B♭ - C
音程は 全半全全半全全です。


音程定規を使ってメジャー・スケールと比較してみましょう。

21














違いは、3度と6度と7度ですね。マイナー・スケールはメジャー・スケールに対して
3度、6度、7度で半音ずつ低い音を使ってます。

ここで、インターバルの表記に注意してください。

例えば3度(Ⅲ)とは、「ルートから全音2つ分高い音」と前回説明しました。
これはナチュラル・マイナー・スケール上でも変わる事はありません。
しかし、マイナー・スケールの3番目の音は「ルートから全音2つ分高い音」です。
ですから、この場合、マイナー・スケールの3番目の音のインターバルは、
♭Ⅲ(短3度)とか、m3rd(マイナー・サード)であるという表現をします。

非常に基本的なことですが、この理解が先々和音を理解していくうえで重要
に成ってきますので憶えておきましょう。


次回は(マイナー・スケール 2

« メジャー・スケール 2 | トップページ | マイナー・スケール2 »

楽典 / 音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/23407992

この記事へのトラックバック一覧です: マイナー・スケール1:

« メジャー・スケール 2 | トップページ | マイナー・スケール2 »

無料ブログはココログ