« メジャー・ペンタとマイナー・ペンタ | トップページ | マイナー・ペンタトニック・スケールのポジションを押さえる »

メジャー・ペンタトニック・スケールのポジションを押さえる

ドカンと上達!ギター・ソロの「作り方」と「弾き方」[DVD]に触発されて、
ペンタトニックをもう一度捉えなおしてみるシリーズの3回目です。


前回はコレ(メジャー・ペンタとマイナー・ペンタ)


ギターの場合、指板上で視覚的に捉えた方が分かりやすいし応用も利かせやすいので、
ペンタトニック・スケールのポジションを押さえちゃいましょう。

1_4    







クリックすると大きな画像が見れます。

Key=Eのメジャー・ペンタトニックのポジションと音名です。

この先では度数での把握が重要になって来るので、ルートからの音程差で
表記したダイアグラムも作りました。

2









ペンタトニックの場合、5つのポジションごとにブロック分けして覚えるのが定石です。

3

















どのブロックが指板上の何フレット目と対応しているのかは見れば分かりますよね?

次はこれになる予定(マイナー・ペンタトニック・スケールのポジションを押さえる) 

 

追記:

ペンタトニック関連記事の目次を作ってみました

 

 

« メジャー・ペンタとマイナー・ペンタ | トップページ | マイナー・ペンタトニック・スケールのポジションを押さえる »

指板の見取り図」カテゴリの記事

楽典 / 音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/26232445

この記事へのトラックバック一覧です: メジャー・ペンタトニック・スケールのポジションを押さえる:

« メジャー・ペンタとマイナー・ペンタ | トップページ | マイナー・ペンタトニック・スケールのポジションを押さえる »

無料ブログはココログ