« メジャー・ペンタトニック・スケールのポジションを押さえる | トップページ | 弦には少しでも長生きしてもらいたいもんです »

マイナー・ペンタトニック・スケールのポジションを押さえる

ドカンと上達!ギター・ソロの「作り方」と「弾き方」[DVD]に触発されて、
ペンタトニックをもう一度捉えなおしてみるシリーズの4回目です。

前回はコレ(メジャー・ペンタトニック・スケールのポジションを押さえる


今回はKey=Eのマイナー・ペンタです。



4_2







音名だけでなくルートからの音程の図もどうぞ。


5







さらに、5つのポジションに分解した図です。



6















ここまで見て、メジャー・ペンタとマイナー・ペンタがまったく同じパターンで出来ている
事に気づいたでしょうか?ルートを取っている位置が違うものの、ダイアグラムとして
現れてくる形はまったく一緒です。

前にも言いましたが、ペンタトニック・スケールにもメジャーとマイナーの間には
平行調の関係があります。

例えば、Eメジャー・ペンタは E - F# - G# - B - C# - E ですが、
これをC#から始めると、 C# - E - F# - G# - B - C# ですよね。
そしてこれはC#マイナー・ペンタトニックとまったく同じものです。

つまり、あるメジャー・ペンタを6度の音(5個目の音)から始めると平行調の
マイナー・ペンタになり、
また、あるマイナー・ペンタを2度の音(2個目の音)から始めると平行調の
メジャー・ペンタになるという関係があるわけです。


では、同主調の場合はどうなっているのでしょうか?

同主調とは、同じルートを持ったメジャーとマイナーのスケールの事です。
例えばEメジャー・ペンタとEマイナー・ペンタの関係の事ですね。

結論はとても単純です。Eメジャー・ペンタの平行調はC#マイナー・ペンタなので、
EとC#の間にある音程差を調べてみればすぐに分かると思います。






Mm















ちょっと分かりづらいかな・・・・

つまり、Eメジャー・ペンタとC#マイナー・ペンタの構成音は同じ、同じもの。
そして、C#マイナー・ペンタのキーを1音半上げるとEマイナー・ペンタです。

っていうことは、Eメジャー・ペンタをズルズルっと1音半上げてやれば同主調である
Eマイナー・ペンタになるっていう事を説明したかったんですけど、くどいっすね。。。

まあともかく、それを踏まえてEメジャーとEマイナーのペンタの図をもう一度
見比べてみてください。きっちり3フレットずれてる感じが分かってもらえると嬉しいです。

たぶん次は(ブルース進行とペンタトニックみたいな感じ



追記、
ブルース・スケールについてもまとめてみました。

 

追記:

ペンタトニック関連記事の目次を作ってみました

 

 

« メジャー・ペンタトニック・スケールのポジションを押さえる | トップページ | 弦には少しでも長生きしてもらいたいもんです »

指板の見取り図」カテゴリの記事

楽典 / 音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/26233510

この記事へのトラックバック一覧です: マイナー・ペンタトニック・スケールのポジションを押さえる:

« メジャー・ペンタトニック・スケールのポジションを押さえる | トップページ | 弦には少しでも長生きしてもらいたいもんです »

無料ブログはココログ