« 教本や教材についてのレビューをまとめてみた | トップページ | ダイアトニック・コードの機能について »

ダイアトニック・コードは便利なツールです

コードの事のアレコレについて言及する前に、和音についてのまとめをしておこうかと
思ってます。まず手始めにダイアトニックのまとめから。

和音って何?って方はこちらからどうぞ
3和音(トライアド)のまとめ
4和音(セブンス・コード)のまとめ

ダイアトニック・コードとは、スケール内の音だけで構成されたコード(和音)の事です。

「ドレミファソラシド」というスケール(メジャー・スケール)で考えるなら、
その構成音である7つの音(ようするにドレミファソラシドの7つ)のみを使った和音群
の事をダイアトニック・コードと呼びます。

スケールについてはこの辺を参照してください
     (メジャー・スケール 2

     (マイナー・スケール 2

これってとっても便利ですよね。

ある曲のキー(調)が分かればその曲に使われているコードの大半は
ダイアトニック・コードの中から見つける事ができますから。
ダイアトニック以外のコードを使っている場合も、いくつかの法則さえ知っていれば
ダイアトニックを基にしてほぼ全てのコードを解析する事が出来ちゃいます。

コピーをするときや作曲するときなどにも絶大な威力を発揮してくれる
便利ツールの一つではないでしょうか。

ダイアトニック・コードは様々なスケール上で作る事ができますが、
ここでは代表的なメジャー・スケールとマイナー・スケールのダイアトニック・コード
だけをまとめました。

ちなみにですけど、ダイアトニック・コードの作り方について。

一般的なメジャー/マイナー・スケールでのダイアトニック・コードの作り方は
いたって簡単。7つある構成音の中から一つの音を選び、一個飛ばしで次の音を
拾っていくだけです。

例えばキー:Cメジャー・スケールの場合、構成音はC・D・E・F・G・A・Bの7つ。
Fを最初の音に選んだとすると、

3和音ならF・A・Cの3つ  (Fメジャー・コード)、
4和音ならF・A・C・Eの4つ  (F△7)。

一つ飛ばして音を拾うのが肝です。

同じように残り6つの音についても一つ飛ばしで音を拾うと、全部で7つのコードを
作る事が出来ます。この7つのコードの事をメジャー・スケールのダイアトニック・コード
と呼ぶわけです。

同様のやり方でナチュラル・マイナー、ハーモニック・マイナー、
メロディック・マイナー・スケール上でもそれぞれ7つのダイアトニック・コードを
作る事ができます。

それぞれのダイアトニック・コードがどうなっているのか一覧にしてみました。

Photo_2























ローマ数字のⅠ~Ⅶは各スケールの1度から7度に対応しています。

キー=Cメジャーなら、
  C = Ⅰ (1度) C△7
  D = Ⅱ (2度) Dm7
  E = Ⅲ (3度) Em7
  F = Ⅳ (4度) F△7
  G = Ⅴ (5度) G7
  A = Ⅵ (6度) Am7
  B = Ⅶ (7度) Bm7(♭5)

という、7つのコードがダイアトニック・コードになるわけです。

マイナー・スケールも同様ですが、メジャー・スケールとの対比が分かりやすいように
ローマ数字の前にフラット(♭)記号を付けています。

ナチュラル・マイナーの場合、メジャー・スケールの3度、6度、7度を半音下げた場合と
同じものですので、キー=Cナチュラル・マイナーの場合の構成音は

C・D・E♭・F・G・A♭・B♭

になります。

次回は(ダイアトニック・コードの機能)についてまとめたいと思います。

« 教本や教材についてのレビューをまとめてみた | トップページ | ダイアトニック・コードの機能について »

楽典 / 音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/27096237

この記事へのトラックバック一覧です: ダイアトニック・コードは便利なツールです:

« 教本や教材についてのレビューをまとめてみた | トップページ | ダイアトニック・コードの機能について »

無料ブログはココログ