« ダイアトニック・コードは便利なツールです | トップページ | コード進行の決まりごと(ケーデンス) »

ダイアトニック・コードの機能について

前回の(ダイアトニック・コードは便利なツールです)で、スケールから導き出される
ダイアトニック・コードの詳細をまとめました。

今回は各々のコードが持つ機能についてまとめたいと思います。

一般的なメジャー/マイナー・スケールからはそれぞれ7つの異なった
ダイアトニック・コードを作る事が出来ましたが、機能もしくは役割の面から見ると
ザックリ3種類に分類する事ができます。

一つはトニック(Tonic) T
二つ目にドミナント(Dominant) D
三つ目はサブドミナント(Subdominant) SD




メジャー・スケールの場合

メジャー・スケールのトニック・コードは<<Ⅰ△7>>です。
トニックとは主音、音階の第1音(Ⅰ度の音)の事で、それをルートに取る
トニック・コードはダイアトニック・コードの中で1番安定した響きを持っていて、
他のダイアトニック・コードに向けて自由に進行させることが出来ます。
(進行というのはコード進行のことです)

ドミナント・コードは<<Ⅴ7>>です。
ドミナント・コードはトニックとは逆に最も不安定な響きを持っているといえるかも
しれません。トニックに向かって進行しようとする強い力を持っています。

サブドミナントは<<Ⅳ△7>>です。
ドミナント・コードほど強いキャラクターは持っていませんが、トニックかドミナントへ
解決しようとする働きをします。

このⅠ△7Ⅳ△7Ⅴ7(1,4,5)の3つはスリー・コードとも呼ばれ、
昔のフォークソングなんかにはこのコードだけを使って作られた単純な曲が
結構あったりします。

1と4と5以外のダイアトニック・コードは、すべて1か4か5の代理として捉えます。

トニックの代理コード (Ⅲm7、Ⅵm7)
ドミナントの代理コード  (Ⅶm7♭5)
サブドミナントの代理コード  (Ⅱm7)

マイナー・スケールの場

特にマイナー・スケールのダイアトニック・コードであることを明示するために、
“マイナー”と付けて表記します。

トニック・マイナー
・コード <<Ⅰm7>>
ドミナント・マイナー・コード  <<Ⅴm7>>
サブドミナント・マイナー・コード  <<Ⅳm7>>

トニック・マイナーの代理  (♭Ⅲ△7)
サブドミナント・マイナーの代理  (Ⅱm7♭5、♭Ⅵ△7、♭Ⅶ7)

一覧にしてみました。

Photo_2











































四角で囲わず矢印だけが引いてあるコードは代理コードであることを示しています。

ドミナント・マイナーだけは注意が必要です。
ドミナント・マイナー・コードはナチュラル・マイナー・スケール上にしかありません。
ハーモニック、メロディック・マイナー・スケールの5度コードはメジャーのドミナントと
同じ“Ⅴ7”である事を確認してください。

裏を返せば、マイナー・スケール上でも5度のコードが”Ⅴ7”になるように細工する必要
があったからこそハーモニック・マイナーとかメロディック・マイナーというスケールを
作る必要があったという事でもあります。

次回はこれらの機能を使った(コード進行の決まりごと)についてまとめたいと思います。

« ダイアトニック・コードは便利なツールです | トップページ | コード進行の決まりごと(ケーデンス) »

楽典 / 音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/27122072

この記事へのトラックバック一覧です: ダイアトニック・コードの機能について:

« ダイアトニック・コードは便利なツールです | トップページ | コード進行の決まりごと(ケーデンス) »

無料ブログはココログ