« 1月の総括は・・・忙しい&トラブル連発!! | トップページ | The String Cleanerを洗ってみた。 »

ドミナントについて、もうちょい掘り下げてみる

前回は5度圏についてまとめてみました。
今回はもう少しドミナントについて掘り下げておこうと思います。

ドミナント、もしくはドミナント・セブンスっていうのは「Ⅴ7」の事を指します。

ドミナント→トニック(Ⅴ7→Ⅰ△7)へとコードが進行することを

ドミナント進行(ドミナント・モーション)

と呼ぶんですが、このコード進行って扱いが特別なんですね。
他のコード進行と比べてとても強い終息感があるからなんですけど、
平たく言えば、一つの流れがここで終わった~~!!っていう感じが強くするんですね。

和声の本なんかを紐解くと、トライトーンの解決5度進行っていうのが強い終止感を
生み出す源泉であるなんて解説されていたりしますが、正直いってよくわからないっす。
なので、この辺りはサラっと・・・・

トライトーンっていうのが何なのか、詳しい事は参考書にでも当たってください。
簡単に<キー:C>で説明すると、G7(ドミナント・セブンス)の3度と短7度の音程差が
増4度(全音3つ)あって、その事をトライトーンと呼ぶらしいです。
そんで、ドミナント→トニック(G7 → C△7)への進行っていうのは、G7の3度が半音
上がり、短7度が半音下がって、C△7のルートと長3度になろうとする・・・とか何とか。
まあだから何なのよ?って感じですが・・・

Photo


















う~む

トライトーンに比べれば「5度下(4度上でも同じ事)へとルートが向かおうとする」っていう
強進行(5度進行)
のほうがずっと分かりやすい。

こっちの方はセカンダリー・ドミナントっていう副産物も生んでる事だし実用性も
(わたしの理解できる範囲での実用性ですけど)高いような・・・高くないような・・・


セカンダリー・ドミナント
っていうのは5度進行に着目して派生した、
まさに2次的なドミナント進行のことです。

作り方はいたって簡単、和音のルートが5度下に進行する”ドミナント進行以外”
コード進行を無理やりドミナント進行にしてしまえばいいだけです。

例えば、「ケーデンスについて」で例として挙げたコード進行を使ってやってみましょう。

C△7 - Am7 - Dm7 - G7 - C△7  (1-6-2-5-1)

これは 「T – SD – D」の進行をベースに代理コードを使ってちょっと変化させた
極一般的なコード進行です。ルートだけに着目して、5度進行になっている部分を見つけ
てみましょう。

こういう事をする時に5度圏(5度サークル)が役立ちますよね。

そうすると、G7-C△7はドミナント進行なので5度進行になっているのは当然として、

Am7 → Dm7
Dm7 → G7

の2つも、ルートだけに着目すれば5度下に向けた進行になっているじゃないですか。
そうしたら、もう有無を言わさずセブンス・コードに換えちゃえばいいんです。

つまり、

A7 → Dm7
D7 → G7

ってな具合です。そうすると、全体のコード進行はこんな感じにできちゃいますよね。

C△7 - A7 - D7 - G7 - C△7

これはあくまで一つの例ですけど、こういう風にすることもできるわけです。
このときのA7(D7も)をセカンダリー・ドミナントと呼びます。

さらにもう一つドミナント・コードの特徴の一つに裏コードの存在があります。

5度圏のエントリーの中でも言及しましたが、ドミナント・セブンスは増4度上
(増4度下でも同じ事)にルートを取るセブンス・コードを代理として使う事ができます。

例えば、G7の裏コードはD♭7という具合です。

5度圏の図で見ると、対角線で結んだ2つの音は増4度になってます。

同様にセカンダリー・ドミナントのセブンス・コードも裏コードを取ることができるので、
先ほどのコード進行のドミナント・セブンスを全部裏コードで代理しちゃう事も可能なんです。

C△7 - E♭7 - A♭7 - D♭7 - C△7

これらを踏まえておくと、かなり多くのコード進行パターンを考える事ができますよね。


Photo_2










線がゴチャゴチャしちゃって分かり難いかも知れませんが、こういう具合に自由なルート
を選びながらコード進行を作る事ができるわけです。

ついでですけど、少し前にニコニコ動画に上がってた
「JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた 前・後編」

を紹介して終わりたいと思います。

とはいっても、べつにJ-POP批評がしたいわけじゃないです。
ここで取り上げられて王道進行なんていう名前が付けられたコード進行と
そのバリエーションっていうのを一例として取り上げるだけです。

ここで王道進行と呼ばれているコード進行は、

Ⅳ△7 – V7 – Ⅲm7 – Ⅵm7
  (SD – D – T)

動画の導入部分で、この進行のバリエーションの一つとして

Ⅲm7をⅢ7にしてますよね。(Em7 → E7)

これがいわゆるセカンダリー・ドミナントです。
3度→6度は5度下に向かう進行ですから。

もう一つのバリエーションは

Ⅳ△7をⅡm9にする事でした。(F△7 → Dm9) 

ⅡmっていうのはサブドミナントであるⅣ△7の代理コードです。(9thはテンション)
ダイアトニックの機能についてを参照してください)

実際に演奏しながら解説してくれているので、参考に取り上げて見ました。

そろそろ面倒になってきましたけど、次があるならばダイアトニック以外のコードについて
まとめてみようかと思います。

« 1月の総括は・・・忙しい&トラブル連発!! | トップページ | The String Cleanerを洗ってみた。 »

楽典 / 音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/27805015

この記事へのトラックバック一覧です: ドミナントについて、もうちょい掘り下げてみる:

« 1月の総括は・・・忙しい&トラブル連発!! | トップページ | The String Cleanerを洗ってみた。 »

無料ブログはココログ