« 耳トレ | トップページ | 3月の総括は・・・なかなか充実してたんじゃね? »

超初心者の耳トレは傍から見ると気持ち悪かろう・・・

指板を把握するための訓練とか、この耳トレとか、そんな話ばかりになりがちな気がする。
それって演奏技術やテクニックの向上が遅々として進まないからなんだよね、ぶっちゃけ。
コツコツと毎日練習してるんだけどねぇ。

まあ、そんな愚痴はさておき、前回のエントリー(耳トレ)で触れた

初心者のための ビギニング・イヤー・トレーニング CD付 」。

さっそく試してみての印象は・・・「やっぱムズカシイねぇ」

いや、課題そのものは簡単なものなんですよ。
理解するのに苦労するとかまったくありません。
とても分かりやすくて、初心者にもとっつきやすいと思います。でも実際やってみると、
俺ってこんなにも音感が無かったのかと・・・凹んじゃいました。

この本のコンセプトと構成ってとてもシンプルで分かりやすいのがいいですね。

5つの大きなセクションに分かれていて、段階ごとに難易度が上がっていく感じ。
それぞれのセクションは、メロディー(ソルフェージュ) / リズム / ディクテーションの
3つのエクササイズに分かれてます。

5つのセクションは
 1. ドレミ
  2. ドレミファ
  3. ドレミファソ
  4. ドレミファソラ
  5. ドレミファソラシ

という風に、ナチュラル・ノート(♯や♭の付かない音)が一つずつ増えていく構成。
音が増えるごとに難易度が上がっていく様が想像しやすいです。

最初のセクションでは「ド」「レ」「ミ」の3つの音を把握するところから始まります。
例えば、ドレミレミレドミドレドミドミレ~っていう感じのものを口で歌っていく。
スピードもリズムも関係なく、とにかく正確なピッチで歌えるようになるのがゴール。

そもそもここからして躓いちゃうんだから困ったもんです・・・
特に「レ」がやばい。
ドレミとかミレドっていう連続の中では問題ないんだけど、「レ」から始まる
メロディーの場合に音程が掴みにくいんだよね。結果、傍から見ると音痴な人が
レミドレミド~とか真剣な顔して歌っているという気持ち悪い情景が出来上がる・・・

まあ、それはいいとして、次に簡単なリズム譜を使ってタップしたり声に出して歌ったりの
章があって、最後にCDに録音された短いメロディーを楽器を使わずに譜面に書き込ん
でいくディクテーションをこなすと1章終了です。

メロディーとリズムの練習を数日やって、その後にディクテーションで定着度の確認と
訓練。で、良ければ次のセクションのメロディーとリズム練習っていう感じで
やってみようと思ってるんだけどね。どうなる事やら。

続き→ 壊れたクラリネット状態・・・

« 耳トレ | トップページ | 3月の総括は・・・なかなか充実してたんじゃね? »

イヤー・トレーニング(耳トレ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/28831733

この記事へのトラックバック一覧です: 超初心者の耳トレは傍から見ると気持ち悪かろう・・・:

« 耳トレ | トップページ | 3月の総括は・・・なかなか充実してたんじゃね? »

無料ブログはココログ