« 壊れたクラリネット状態・・・ | トップページ | ブルース・スケールってヤツについても押さえておこう »

5度圏おぼえちゃおう、の補足

5度圏を憶えちゃおう」の補足っていうか蛇足。。。

ここ最近始めた「耳トレ」で毎日ディクテーションっていうのをやってるんですけど
(簡単なメロディーを聴いて譜面にする訓練)その中で5度圏の暗記方法として
別の切り口もあったんだねって事に遅ればせながら気付いたので蛇足的メモを残しておきます。


楽譜の先頭には、キー(調)によってシャープとかフラットとかを書いておくじゃないですか、
こんな風に

Photo









5度圏とか5度進行とか、5度って重要みたいです」のエントリーでも触れたように、
この#とか♭がいくつ書き込まれてるかを5度圏の図と照らし合わせると、その曲の
キーが何なのか分かるし、逆に言えば、あるキー(調)の曲を譜面に書きたいと思ったら
いくつの#/♭をどこに書き込めばいいのかも5度圏の表から簡単に割り出せるわけです。

ちなみに上の図は♭が6個あるのでキーはG♭、
♭が付く音はト音記号のすぐ隣から順に、B, E, A, D, G, Cとなってて、
これも5度圏の順番の通りです。

で、ですよ。
この5線譜に並んでいる♭記号ってずいぶん整然と並んでいる気がしませんか?
上下2列になって並んでますよね。

下側のラインの先頭は「B」
上側のラインの先頭は「E」

それぞれのラインはCメジャー・スケールの音階を一つ一つ下りながら連なってます。

下: B-A-G
上: E-D-C

(Cメジャー・スケールの音階っていうのは C-D-E-F-G-A-B-C)

前回のエントリーで5度圏を憶えるには「B-E-A-D-G」だけ記憶できればOKとしました。

今回は、BEADGを更に分解して考えて、BとEを先頭にそれぞれ下降していく2つの
Cメジャー・スケールと想定すれば、憶えなきゃいけないのはBとEだけで済むんじゃないか
・・・って事だったんですけど、かえってややこしいっすね、これは。

本当に蛇足だわ。

« 壊れたクラリネット状態・・・ | トップページ | ブルース・スケールってヤツについても押さえておこう »

楽典 / 音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/29127296

この記事へのトラックバック一覧です: 5度圏おぼえちゃおう、の補足:

« 壊れたクラリネット状態・・・ | トップページ | ブルース・スケールってヤツについても押さえておこう »

無料ブログはココログ