« いろんな人と音を合せるのって楽しくもあり、難しくもあり | トップページ | 指板の見取り図を求めて・・・フレットボード・ワークブックを終えて »

ピックを巡る試行錯誤

ピックはティアドロップ一択!
おにぎりピックなんぞ山下清画伯にでも食べさせとけ!

男は黙ってエクストラ・ハード!
ペランペランなピックなんぞ軟弱者の使うものと心得よ!!

なんて思ってた時期もありました。

10代の頃の話しです。
何でそう思い込んでたのかまったく憶えてないんですけどね。
好きなアーティストをまねてとかでも無いし・・・

で、そういう観念の残滓もあって、再びギターを手にしたときに選んだのもそんなピック
でした。Gibson のティアドロップXH(エクストラ・ヘビー!!)

これがまた、扱ってるお店が少ない。近所の楽器屋には置いてあるんですけど、
渋谷とか御茶ノ水あたりでは売ってないんですよね。ミディアムやヘビーはあっても
XHは需要が少ないのかほとんど見かけません。

このGibson XH、結構気に入って使ってました。
分厚くてまったくしならない頑固な作りと、粘っこい材質感(感覚的なものですけどね)。

ただね、どうにもならない問題が・・・

こういうのって誰もが感じるものなのかどうか分からないんですけど、
日によって音が変わるんですよ、ギターの。
それもあからさまに違う。

気持ちのいいトーンで弾ける日もあれば、同じセッティングで弾いてても妙に出音が小さく
感じられる日があったり、なんだかモコモコした音に感じられ日があったりと
なんだか安定しないんです。
最初のうちは弦がへたってきたのかなとか、ネックが反って音詰まりしてるんじゃないか
と疑ってたんですけど、どうやらピッキングの問題なんだっていう事に最近気付きました。
気付くの遅いよ!!俺!

ある日、なんだか出音が弱いし気持ちよく弾けず、練習にも身が入らなくて
適当にペロンペロンと爪弾いてた時、部屋を掃除した際にたまたま見つけた大昔の
ピックを取り出して弾いてみたら、そりゃもうビックリですよ、
美しく綺麗なトーンで鳴ってくれるじゃないっすか!?

その瞬間に悟りました。気持ちの悪いトーンしか出せないのは自分自身のピッキング
テクニックそのものの問題だって言う事に・・・

大昔に買ってほとんど使わないまま放置していたピックって言うのは0.5mmぐらいの
ペラペラピック。風上にも置けねえぜ!と根拠も無く排除してた薄いピックだったんですよねぇ。

いやまあ、薄々分かってはいたんです。
硬くてしならないピックって難しいよね、って事は。

ピックのしなりが無い分、力を逃がす事も弦をハジく事も指先の力加減やつまみ方だけで
100%コントロールしないといけないし、ピックが弦に当たる深さのコントロールもシビアだ
し、カッティングなんかもやたらと難しかったし。

でもそれがですよ、ペラペラピックを使うと・・・

まー、なんて言うんでしょ、すげー気持ちよく演奏できる。
弦をハジいていく感触がきもちいいし、粒もそろっていい感じ。
カッティングも腕と手首をグイグイ振っていける爽快感。
ピックのしなりがテクニックの不味さを吸収してくれるんでしょうね。

今後しばらくは、いろんなピックを試してみて自分の定番となるような新たなピックを探す
旅に出たいと思います。

何枚か試してみて、今のところ一番気に入ったのがジム・ダンロップの白亀こと
Tortex Wedge 0.6mm


JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / TORTEX WEDGE


先端が多少鋭角になってるからなのか、材質なのか分かりませんが、弦を弾く感触
が他に試したピックよりもスムーズでした。
指すべりもなくいい感じ。

カッティングするなら0.5mmでもいいんですけど、単音弾きでは頼りないというか、
ダイナミクスが付け辛くなるので0.6mmを選択しました。

これでいいや、って気もするんだけど・・・
まだもうちょっとあれこれ試してみます。

« いろんな人と音を合せるのって楽しくもあり、難しくもあり | トップページ | 指板の見取り図を求めて・・・フレットボード・ワークブックを終えて »

楽器 / 機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/29333598

この記事へのトラックバック一覧です: ピックを巡る試行錯誤:

« いろんな人と音を合せるのって楽しくもあり、難しくもあり | トップページ | 指板の見取り図を求めて・・・フレットボード・ワークブックを終えて »

無料ブログはココログ