« 4月の総括は・・・これからに期待? | トップページ | ToneLab STがやって来た »

新たなイヤー・トレーニング教材を買ってみた

初心者のための ビギニング・イヤー・トレーニング 」を使ってコツコツと続けている
耳トレですが、そこそこ快調に進んでます。

ドレミファ」4音のみの聴音でつまずき、「」が加わってオクターブ下の聴音に
苦しみ、ついに「シ」もやって来て頭ぐるんぐるんながらも、ようやく最終章までやって来ました。

でもやっぱりまだまだなんだよなぁ、4小節の簡単なメロディーを聴き取るのにもえらく
時間かかるし、間違っちゃう事も多いし・・・
まあ、ゴールデンウィーク中遊びほうけてサボってたのも差し引けば、トレーニングを
始めてから1ヵ月ちょいしか経ってないし、当たり前だけどね。

そろそろこの本でのトレーニングも終わっちゃうので、次の教材を準備してみた。

初心者のためのビギニング・イヤー・トレーニングの聴音エクササイズ
(メロディーを聴き取って譜面を書く訓練)をもうちょい熟達させたいし結構気に入っても
いるので、その手の教材はないものかと渋谷道玄坂のヤマハで物色。

音楽教室といえばヤマハっていうぐらいのもんで、ピアノや管楽器、弦楽器などの譜面や
理論書など、音楽書籍の充実振りは他の追随を許さないって感じでさすがです。
ソルフェージュのコーナーだけで書棚1架まるまる設けられてますしね。

それで買った本がこれです。
 
 

CD付 音楽の基礎学習プリント 書いて覚える徹底!!聴音<長調編>


 
 

「本書は小学校低学年~高学年を対象に作られています。」

はい、ピアノなんかを習い始めた子供向けの教本です。いいんです、これで!!
背伸びなんかしちゃいけません!!!
だって大人向け風の教材は見るからに難しそうなんだもん・・・

算数とか漢字の書き取りドリル的な作りで、ただひたすらにメロディーを聴き取って
譜面を書いていくだけって所に惹かれての選択。
短調編もあるので両方を交互にやっていくのもあり?とも考えたんだけど、
無理な背伸びは止めて、まずは長調(メジャー・キー)を鍛えることに集中してみます。
 
 
今まで教材を物色するにしてもギターの棚しか見てなかったってのもあるけど、
改めてヤマハの書籍コーナーを歩き回ってみて、やっぱり子供の頃にピアノとか
エレクトーンとかオルガンとかを習っていた奴にはかなわないなぁと感じ入りました。

だって中高生で楽器演奏の素地もなくギターを始めてもこういった訓練なんてやらない
じゃないですか(俺だけ?)
耳コピにチャレンジしても難しくて、最終的にはタブ譜を買ってきて済ませちゃうか
諦めちゃうかって感じだったしね。理論なんぞロックじゃねぇぜ!とかさ。
そもそもタブ譜があったから5線譜を読もうって発想が無かったし・・・


まあともかく、本のデザインとか、やたらとでかい5線譜とか、いかにも子供向けって
感じの作りで気恥ずかしいんだけど頑張ろう・・・

« 4月の総括は・・・これからに期待? | トップページ | ToneLab STがやって来た »

イヤー・トレーニング(耳トレ)」カテゴリの記事

教本/参考図書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/29622559

この記事へのトラックバック一覧です: 新たなイヤー・トレーニング教材を買ってみた:

« 4月の総括は・・・これからに期待? | トップページ | ToneLab STがやって来た »

無料ブログはココログ