« 指板の見取り図を求めて・・・フレットボード・ワークブックを終えて | トップページ | ソルフェージュ?の困難さについて »

よそ様のファンク・リズム・ギター・レッスンを掠め取ってみ・・・(略)

Hey, Marty. Your youtube lessens are very awesome!! Especially I love your funk rhythm lessons, so I'd like to introdulce them here.

とまあ、やって来ることはないだろうけど一応マーティーさんに仁義を切りつつやって行きたいと思います・・・

ここで紹介するMarty Schwartz(マーティー・シュワルツ)さん、凄く為になるYoutubeの
ギター・レッスンって事で取り上げた事がありました。
今なお、精力的に、しかもかなりのハイペースでギター・レッスン・ビデオをYoutubeにアップ
し続けてますけど、どれも面白いですよ。最近はビギナー向けの簡易版コピーをしよう!
みたいなシリーズが多くてちょっと面白みに欠けるけど・・・(知ってる曲が少ないからだけど)

まあ、ともかく。

彼のファンク・レッスンが個人的に好きなので、
その手のシリーズをここに集めてみました。



6弦ルートのマイナーコードによるファンク!


6弦ルートのマイナー・コードは一般的なバレー・コードですが、ここでは1~3弦の部分
だけを使います。こうすれば人差し指1本だけで基本のコードが演奏できるから
余った指を使っていろいろ遊べますよね。

ダイアグラムで確認しておきましょう。


6rootminor































加えていく音は9th、6th、マイナー7thの3種類。
6thとマイナー7thは交互に使う事でフレーズ作りしてます。
9thを使うときは、コード全体を半音スライド・アップさせるのも効果的だそうです。
実際やってみると分かりますけどカッチョイイっすね、これは。

他のビデオにも共通したアイデアですが、コード・フォームの真下にある
マイナー・ペンタトニック・スケールを使ってうまい事アドリブを挟み込めれば
格好良さ倍増!
6弦ルートのマイナー・ペンタといえば、基本のこのフォームですよね。


6rootpenta















ちなみに、1~3弦の音だけを使ってるはずなのにビデオをよく見ると人差し指の先が
6弦に触れるぐらいのところまで押さえてるのが分かると思います。
5弦や6弦は他の弦の音に共鳴してブワ~ンとノイズが発生しがちだし、カッティングの
際に不要な弦を鳴らしてしまわないようにミュートしてるんですけど、
この手のチャカチャカしたコード・プレイはいかに完璧なミュートが出来るかっていうのが
試金石だったりしますよねぇ。
 
 
 
 

6弦ルートのマイナーコードによるファンク、もういっちょ!

別のボイシングによる6弦ルート・マイナー・ファンクです。








5rootminor2












このコードは中指で6弦を、薬指で4~2弦を押さえ、5弦と1弦はミュートするフォームです。(1弦は鳴ってしまってもルート音だから構わないけど)

6thとマイナー7thを使ったフレーズはちょっとだけ複雑。
6thを使うときは薬指をずらす必要があります。4~2弦を押さえている薬指を
3~1弦へスライドし、4弦の6thがなるようにしなくちゃいけません。

ビデオの最後の方では6弦ルートの2つのコード・フォームを織り交ぜてフレーズを作る
アイデアをちょっとだけ見せてくれてます。






5弦ルートのマイナーコードによるファンク!


5弦ルートのバレー・コードによる一般的なマイナー・コード上でのファンクです。
小指をフリーにするため、マイナー7thコードにするのがミソ。


5rootminor











1弦上の6thとマイナー7thを使うアイデアは6弦ルートのマイナー・ファンクと同じもの。

単音プレーのアイデアとして、3弦の6thとマイナー7thを使ったリックを弾いてます。
また、3弦と1弦の6thと7thをオクターブ奏法で弾いてたりもしてますね。

ちなみに5弦ルートのマイナー・ペンタといえば、コレ。
単音のリックの組み合わせを自分なりに試してみると面白いですよ。


5rootpenta


 
 
 
 

 






このビデオも5弦ルートのマイナー・ファンク。以前に紹介したのと同じものですけど、
ビデオの中盤あたりで解説しているマイナー・ペンタを絡めたフレーズが参考になります。

また、後半でダブル・ストップを使ったアイデアが紹介されてます。


5rootdouble








 
 
 

5thとマイナー3rdの2音だけを弾き、さらにちょっとだけベントすると
これまた、ファンキーでいい響きですよね。


この人のファンク・レッスンビデオはまだまだ沢山あるんですが、エントリーが
長くなりすぎちゃうのでこの辺で一区切りします。
また暇があったら続きをアップしてみようかな?

« 指板の見取り図を求めて・・・フレットボード・ワークブックを終えて | トップページ | ソルフェージュ?の困難さについて »

ファンクに溺れる」カテゴリの記事

教本/参考図書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/29335177

この記事へのトラックバック一覧です: よそ様のファンク・リズム・ギター・レッスンを掠め取ってみ・・・(略):

« 指板の見取り図を求めて・・・フレットボード・ワークブックを終えて | トップページ | ソルフェージュ?の困難さについて »

無料ブログはココログ