« ベイカーブラザーズ ”Transition Transmission” | トップページ | 6月の総括は・・・腱鞘炎におびえる日々 »

セッションの日取りが近づいてくる・・・

ご近所を拠点にしている音楽サークルの存在を最近知って参加させてもらいました。

クラシックやソロ・ギターを嗜好しているならまだしも、エレキでバンド嗜好な音楽が
好きなのにたった一人で練習してても煮詰まっちゃうのは目に見えてるし、
かといって私の周りで楽器やってる人もいないしで、メンバー募集の掲示板から始めて
あっちこっち情報収集してたんです。

ライブハウスでたまにやってるフリー・セッションってよくあるけど、もうちょい(いや物凄く)
修行を積んで自信が付かないとちょっと敷居が高いよなぁ、もうちょっと気軽に参加
できそうなヤツがないかと思って調べてて見つけたのがこのサークルでした。

で、次回のセッションが刻一刻と迫って来て、ちょい焦ってます。

このサークル、月に1回ライブハウスを借り切ってセッションをやってるんですね。
5~6曲の楽曲を決めて、各々やりたい曲とパートを宣言し、コピーと練習をやって、
当日ぶっつけで合せてみようっていう内容です。

先月、見学だけさせてもらったんですが、これがなかなかにハイレベル。
みんなぶっつけでやってるとは思えないほどバッチリ決まってて、正直ビビりました。

でもまあ尻ごみしててもしゃあないし、こういうドラムがいてベースがいてボーカルがいて
っていう中で一緒にやりたくて参加してるんだから手を上げて参加しなきゃ意味ないじゃん。
ってな事で、一曲だけギターで参加表明したんですけど、これがまた・・・

コピーできねえええええぇぇぇぇぇ・・・・・

テンポを2/3ぐらいに落とせばヨタヨタでもなんとかなるけど、それ以上速くするとヤバイ。
こ、こ、これはマズイですよ。

問題はアルペジオを含んだリフの部分で、この部分がとにかくもうダメなんです。
元々アルペジオというかピッキングする弦がどんどん移動するようなフレーズが
大の苦手で、最近の基本練習でもそれがテーマの一つだったりしたんですけど。。。

でもまあ、なんですよ。

こういう刺激や締め切りがある緊張状態でのコピーや練習っていうのも悪くないもんです。
練習の質や量がぐっと上がるし、モチベーション上がるし。

宅練オンリーだったVox ToneLab STもいよいよライブ・セッション・デビュー、
ああ、でも一回ぐらいはスタジオで音作りしとかなきゃ。

« ベイカーブラザーズ ”Transition Transmission” | トップページ | 6月の総括は・・・腱鞘炎におびえる日々 »

日々の練習日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/30250338

この記事へのトラックバック一覧です: セッションの日取りが近づいてくる・・・:

« ベイカーブラザーズ ”Transition Transmission” | トップページ | 6月の総括は・・・腱鞘炎におびえる日々 »

無料ブログはココログ