« これがギター教本のベストセラーだそうな | トップページ | やっぱりミュートは難しいわ »

アルバート・キングとスティービー・レイ・ボーンのIn Sessionがデジタル・リマスター

されてたんですね。

曲目が変わるわけでもボーナストラックがあるわけでもないようだけど、持ってなかったので
これを機会にちゃんと聴いてみようかと思ってます。

SRVもアルバート・キングも説明不要のブルース界のビッグ・ネーム。
その2人がセッションした音源はもうヨダレ物ですよね。

資料によると、このセッションが行われたのは1983年の12月6日、カナダのCHCH-TV
だそうです。DVDにしてくれればいいのに何でCDなんだろ?DVD版もあるのかな。
演奏の1部分がYoutubeにアップされてるし日本では手に入らないだけ?
アメリカのAmazonを調べても見つけられないけども・・・

SRVにとってアルバート・キングはギター・アイドルで、一緒にプレイするなんて恐れ多い
存在だったのかも知れないですね。セッション冒頭、クラシック・ブルースの名曲
"Call It Stormy Monday"で、SRVは背中を丸めてか細い音で恐る恐るプレイしてる感じが
面白くないですか?いつもの豪快なトーンは鳴りを潜めて小っちゃくなってます。
 


その上アルバートから "I can't hear you" なんて言われちゃってます (映像の1:46辺り)

このアルバムには2人のセッションだけじゃなく、二人が交わす昔話なんかも収められてる
らしい(多分・・・)それも興味深そう。でも誰か翻訳してくれ~って感じだろうけど・・・
クラシック・ブルースの名曲や何故かBB・キングの曲をやったり、SRVの曲をやったり、
2人のおしゃべりが聞けたりと楽しめる1枚になってそうです。

映像の方はYoutubeでかき集めるとして、音源はこのリマスターされたCDがあれば
いいんじゃないすかね。

« これがギター教本のベストセラーだそうな | トップページ | やっぱりミュートは難しいわ »

アーティスト / 楽曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/30371461

この記事へのトラックバック一覧です: アルバート・キングとスティービー・レイ・ボーンのIn Sessionがデジタル・リマスター:

« これがギター教本のベストセラーだそうな | トップページ | やっぱりミュートは難しいわ »

無料ブログはココログ