« ナイル・ロジャースの特集に惹かれてギタマガを買う | トップページ | 7月の総括は・・・夜も日も明けずにスケール練習!! »

リズム・ギターが上手くなりて~

リズム・ギターのミュートについてのエントリーの続き。

(この記事を最後まで書き上げてみたら、これって単なる愚痴じゃんって事が判明しました。短気な方は読まれないよう推奨しときます。。。)

リズム・ギターとかカッティングとかバッキングとか、呼び方は色々ありますが、これって
「バンド内での伴奏として、コード(和音)を主体とする演奏をギターで行うことの総称」・・・
ですよ・・・いや間違ってないと思う、けど・・・なんかまどろっこしいな。

ようするに、ギターでジャカジャカやったり、チキチキ、チャカチャカ、
あるいはガガガガっとやる事ですよ。

この手のバッキングの中でもチキチキ・チャカチャカなファンク・ギターをやろうと思ったら
ミュートが難しくて泣けてきた、っていうのが前回のエントリー(ミュート)の概略です。
 

  • だってソロなんかよりコード・ストロークの方が難しくないですか?

もちろんどっちも難しいですよ、簡単なプレイなんてありません。
でも、昨日今日ギターを買ってきて練習を始めたような初心者にとって、
「簡単な旋律のソロ」(単音弾き)と「簡単な進行のコード弾き」とどっちが難しいかって
いったら、そりゃコードの方が数十倍難しいはずなんです。

コードを押さえるためには左手の4指(人差指、中指、薬指、小指)全てをほぼ同時に、
それぞれ狙った場所へ動かして弦を押さえたり押さえなかったりしなきゃいけない
じゃないですか。

それぞれの指が押さえてたり、押さえてなかったりする弦を狙い通り鳴らすべく、
隣の弦に触れて音を消すような事のないよう気をつけなきゃいけないし、
鳴っちゃいけない弦はミュートしないといけないし。

そして、それらの動作をコードチェンジの度に素早く狂いなく
続ける必要がありますよね。

右手のストロークだって空中に浮いた状態で振り回しながらコントロールしなきゃだし。

 
比較して、単音のソロの場合はどうでしょ?

基本的には1つの音を鳴らすためには1本の指が弦のある一箇所を正確に押さえて
いればいいだけです。

その指が隣の弦に触れてたって無問題。

だって出すべき音はその指が押さえている弦だけなんだから、その他の弦は音が
出なくたっていいじゃないですか。無駄なノイズさえ鳴らさなけりゃ。

右手はブリッジ上に置いてピッキングする事が多いし、小指や薬指をボディーに
触れさせて安定させてもいいだろうし、中空でブンブン振り回すストロークに比べれば
よっぽど安定してるでしょ?

(かなりの極論で難癖付けて絡んでるのに近い・・・っていう自覚は、あります。。。)

 

でもギターっていうのはもともとコードで伴奏を付ける楽器なんですよね。
だから、わたしもそうでしたけど、ギターを手にすると初っ端からコードを押さえようと
悪戦苦闘しちゃたりしませんでした?

Fの壁なんていうのはその典型じゃないかと思うんですよ。

ギターを始めて最初に躓くのは「Fコード」で、ほんの一握りの人だけがその壁を乗越えて
その先へ進めるとかなんとか・・・。本当にほんの一握りかどうかは知りませんけど。

これだって、コードから初めちゃうから躓くわけでしょ?

単音で演奏する訓練を十分に積む前に和音を鳴らそうなんて無理があると思う。

まず、単音の簡単なメロディーを弾いてみるところから初めて、
単音の難しくないリフを練習して(簡単でも格好いいリフっていっぱいあるし)
ペンタトニックの基本ポジションを覚えてちょっとしたアドリブができるようになって、
ペンタでダブル・ストップ(複弦での演奏)とかを覚えつつ
パワー・コードなんかを練習する。とか・・・

そういう流れなら「F」のようなバレー・コードも無理なく押さえられるようになるはず。

・・・・、
なんかリズム・ギター基礎練習の話から大きく逸れていってる気が・・・
 

  • キモは指の独立性?

前回のエントリーでカッティング時のミュートを上手く決めるための基本について
自分なりにまとめてみました。

  1. ピックで触らない!!
  2. 力いっぱいストロークしない!!
  3. 左手は2本以上の指でミュートする!!
  4. 指の運動の独立性を高めるのがキモ!!
  5. 指先から粘液でも出してミュートしてんじゃねぇの?

は右手ストロークの技術、
は左手の技術
はイチャモン

左手の技術の部分をに分けてありますけど、のミュートにしたって、
結局は指の独立性が低いと上手く行きゃしません。

「Fコード」だって同じじゃないんですかね?
Fが押さえられないとすぐ「手が小さいからじゃないか?」とか「指の力がたりないのか?」
とか考えがちですけど、Fを鳴らすのに巨大な手や長い指なんかまったく必要ないし、
指の力や握力だって大して必要ない。
むしろ、リンゴを握りつぶすような怪力でコードを押さえたら弦がベントされて音痴に
なっちゃうじゃないですか。

問題は、4指がそれぞれ独立して、各々個別の仕事を正しくこなせているかどうか
だと思うんです。

  • 弦を押さえる指
  • 弦をミュートする指
  • 弦を押さえつつミュートする指

フォーク・ソング的な弾き語り風バッキングの場合、かき鳴らすだけかき鳴らせばいいので
ミュートについてシビアに考える必要はありませんが、譜割が細かくなったり、
スタッカートさせるようなリズムのバッキングの場合、こういった動作を両立するのって
意外に難しいです。聴くとヤルとじゃ大違い。

押さえる指はしっかりと弦を押さえる必要があります。
当たり前ですけど、指は握りこむ方向へ力をかけますよね。

ミュートする指は弦に触れた状態を維持します。
指は握ってもいけない、開いてもいけない、弦に軽く乗せた状態で停止。

押さえつつミュートする指は更に複雑で場面場面に適した動きが要求されます。
例えば、人差指で5弦を押さえつつ、その指先を6弦に触れさせて6弦ミュート、
さらに人差指の腹で4~1弦を多い被してミュートする、とか。これは比較的簡単な
部類ですけど。

どういうコードをどういった指使いで押さえるかによって各指の担う役割は変化します。

ところがコードチェンジがあったり、小指でフィルを入れたりとか、
単音フレーズを絡めたりして”押さえる指”を動かした時に、
停止していなきゃならないはずの”ミュートする指”が釣られて動いちゃったりする。

釣られないように頑張ったって無駄に力むばっかりで役に立たず、釣られちゃう指は
結局釣られまくってピクンピクンと動いちゃって、調子っぱずれの開放弦がポーンポーン
とか押弦しちゃってペーンペーンとか、もう格好悪い事この上ない。

4指の(たまに親指も使う事があるので5指の)独立性を高めなきゃ駄目なんだなぁ、
きっと・・・・

 

  • 左手(フィンガリング)の技術は指の独立性の上に成り立ってる(多分・・・)

左手の部分に限ってしまえば、ミュートに限らず、Fコードを押さえられるかどうかって事も、
スムーズなコードチェンジができるかどうかって事も、スラスラとソロを演奏するためにも、
結局は指の独立性が最重要なんじゃないですかね?

こいつを克服するのがまた、もう、本当に、嫌になるほど難しい。

時間をかけてジックリ訓練していくしかないんだろうけど・・・・

 

→ リズム・ギターの練習はつづく・・・

« ナイル・ロジャースの特集に惹かれてギタマガを買う | トップページ | 7月の総括は・・・夜も日も明けずにスケール練習!! »

日々の練習日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/30507272

この記事へのトラックバック一覧です: リズム・ギターが上手くなりて~:

« ナイル・ロジャースの特集に惹かれてギタマガを買う | トップページ | 7月の総括は・・・夜も日も明けずにスケール練習!! »

無料ブログはココログ