« 江川ほーじん、あんたやっぱ格好良いよ | トップページ | コード弾き!!ギターのバッキングで遊ぶための道具立て »

ゲップが出るほど黒い、黒すぎるファンクの教科書

ここ最近になってファンク・ミュージックに目覚めたワタクシとしましては、

ファンクとは何ぞやとか、
どのグループのどの音源がエグくて黒いフォンキー(Fonky)な曲なのかとか、

そういう基本的な事が良く分からないので、必聴盤CDリスト的な入門書なんて無いのかな
っていう気軽な気持ちでAmazonを検索してみたところ唯一ヒットしたのが、
 

Dd57d0920ea0f452f562e110l_aa143_

ファンク―人物、歴史そしてワンネス 、でした。

 

題名は硬そうだけどこの表紙は・・・
なんだかおちゃらけた、それこそちょいとファンキーな内容の本
なのかなぁと。

そんな事を感じつつも注文しましたが、手元に届いてみてビックリ。

だって表紙の絵は画像で見るよりもさらに強烈なインパクトで末恐ろしくなるようなレベル。
とてもブックカバー無しでは電車の中で取り出せませんよ、これは!!
何か得体の知れない臭気のようなものを発してる感じ・・・

でもって本が分厚い!4cmぐらいある。恐ろしく分厚くて持ち歩きが苦痛なほど。
もうね、なんだコリャ!?って感じでした。

さらに読み始めて2度ビックリですよ。

だってこれ、恐ろしくまじめでアカデミックな内容なんだもの。(こんな表紙なのに・・・)

ファンク・ミュージックについての膨大で濃ゆい資料でもあるけどそれだけに終わらず、

  • ブルース、ゴスペル、ジャズからヒップ・ホップに至るブラック・ミュージックの歴史を俯瞰し
  • アフリカ系アメリカ人の精神史を巡る歴史書となり
  • ブラック・ミュージックをはじめとするアフリカ的文化がいかに白人たちによって搾取されて来たかを告発し
  • アフリカ(黒人)とヨーロッパ(白人)の文化的相克を浮き彫りにする人類学的思索を深め
  • そしてなにより、煮えたぎるような熱いファンクへの愛で溢れている・・・・

こりゃとんでもない本です。

わたしみたいなヒヨッコじゃなくて、ファンク一筋ウン十年みたいな方にこそ読んで
もらいたい、っていうかそういう人ほど楽しめる内容だと思います。

これほど興奮しながら読書に勤しんだのは何十年ぶりじゃなかろうか?

この本、ネットで検索してみて知ったんですが一度廃刊されてたんですね。
復刊ドットコムにこの本の復刊希望を寄せる書き込みが残ってますが、
いや本当に、これは復刊してくれてよかった。
これほどの名著が消えてなくなってしまうのは惜しすぎる。

とまあ、了読後の興奮気味で混乱した頭のままレビューにもならないレビューをしてみました。

« 江川ほーじん、あんたやっぱ格好良いよ | トップページ | コード弾き!!ギターのバッキングで遊ぶための道具立て »

ファンクに溺れる」カテゴリの記事

教本/参考図書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/30855170

この記事へのトラックバック一覧です: ゲップが出るほど黒い、黒すぎるファンクの教科書:

« 江川ほーじん、あんたやっぱ格好良いよ | トップページ | コード弾き!!ギターのバッキングで遊ぶための道具立て »

無料ブログはココログ