« リズム・ギターの練習はつづく・・・ | トップページ | バッキングで遊ぶ その3 ダイアトニック全てに適用してみる »

リズム・ギターの練習はつづく・・・ の続き

ミュートに焦点を当てたリズム・ギターの練習についてのお話の続きです。

 

チャカチャカとファンキーなカッティングを決めようと思ったら、押弦もミュートも中途半端で
半べそかいてるトンチキな野郎がおりました、っていうのが前回のまとめ。



  • 分解して個別に練習する以外に道はないです

カッティングに限った話じゃありませんが、上手く弾けないフレーズがあったらそれを分解して
個別に一個一個練習するより他に道はありません!!
(というより、それ以外の道を知らないってだけ)

慣れてないコードのフォームを反復練習するっていう記事を上げたことがありましたけど、
これも似たようなものですね。とにかく単純化させて反復する! これだけ。

 
  • 薬指と小指の動きだけを訓練する

まずは、薬指と小指の動きだけを取り出して強化してみました。

やる事は単純です。
"Am7"コードの5度と短7度だけを押さえてストロークします。

 

Photo_3

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

P5  =  薬指
m7  =  小指

人差指と中指はぺったりと寝かせて余弦をミュート、この状態で全弦をストローク。
ハーモニクスなど、余計な音が鳴らないように、5度と短7度の音+ブラッシング音
だけが綺麗になるように注意する。

お次は全部ミュートしてブラッシングします。
この時、全ての指を寝かせて4本指全てでミュートする事が肝心です。

さあ、あとはコレを繰り返すだけ。

2本だけ弦が鳴る → ブラッシング → 2本だけ弦が鳴る → ブラッシング ・・・・

ひたすらこの繰り返し。

ここで難しいのは(わたしが難しかったって事ですけどね)

薬指と小指が寝た状態(ブラッシング)から引き上げて、指を立てて押弦する動作を
行っている間、中指を動かさない!!って所でした。

この練習では、いついかなる時でも人差指と中指はピクリとも動く必要はないんです。
ず~っとミュート状態を維持する。
つまり、弦に軽く触れている状態で居つづけなきゃダメなんです。
まかり間違っても弦を押し込んじゃって音を鳴らしちゃ駄目だし、指が浮き上がって
開放弦が鳴ってしまっても駄目。

特に注意が必要なのは6弦と1弦だと思います。

6弦をミュートしているのは指の先っちょなのでついつい弦を押し込んじゃうし、
1弦側は手首の角度が緩む事で押弦してしまいやすいです。

それとハーモニクス。中指が浮いてしまうとハーモニクスが鳴りやすい。
しっかりとミュートが効く程度には弦を押さえ込み、かといって押弦はしない、っていう
微妙な力加減を維持する必要があります。

これはわたしが実際に練習してたときに取った音源です。
日付は09' 7月5日となっていたのでほぼ一月半前・・・

いや、今更ながらひでぇ・・・
リズムが・・・いや、まあしょうがない。
恥ずかしいから録り直そうかなとも思ったんだけど、まあ格好つけても仕方がないし
面倒なのでそのままです。多少失敗してるけどノイズは気にならないレベルだしね・・・

これに慣れるまで1週間ぐらいはかかったような気がします。
どうしても中指が動いちゃうのでノイズが出やすいんですよね。

 

  • Am7とブラッシングの繰り返し

薬指と小指がそこそこ動くようになったら、次はコードで練習してみます。
やる事は似たようなものです。2本だけ鳴らしていたのをしっかり全て鳴らすだけ。

Am7 → ブラッシング → Am7 → ブラッシング ・・・・

ただ、今回はブラッシングするときに一々全部の指でミュートせず、より実践に近い形で
行います。

つまり、Am7のフォームを崩さずに力を抜いてミュート状態にするって事。

ここで難しいのはまた中指の扱い。
コードを鳴らしている時、中指はどの弦にも触れてちゃいけません(当然ですけど)
でもミュートするときは1~6弦にぺったり沿わせてミュートしていないとハーモニクス
ノイズが出ちゃう。

そうすると力を加える方向が、

人差指 → コードを鳴らすとき押さえる / ミュートの時は離す(浮かす)
中指  → コードを鳴らすとき浮かす  / ミュートの時は押さえる(弦に指を乗せる)

っていう具合に人差指と中指で向かう力の方向がアベコベになるんだけど、
これまた慣れないとスムーズにいかなかった。

でもこれは比較的すぐに慣れると思う。2,3日やってれば感覚が染み付いてくる感じ。

相変わらずリズムが酷い事になってますが目をつぶりましょう。

"0:18"秒辺りでミスってますよね。ブラッシング中に1弦が鳴っちゃってる。
とにかくこういうミスが出ないように繰り返し練習するしかないです。

音源では、ブラッシングを4つストロークして、コードを1発、ってやってますけど、
特に注意しなきゃいけないのは4個目のブラッシングですね。
コードを鳴らすべく指が準備を始めちゃうとついついミュートが疎かになっちゃうので。

 

  • テンポをグ~~~~ンと落として全ての動作を体に馴染ませる

演奏できないフレーズがあったら、とにかくテンポを落とすことです。
出来るところまで落とす!落としまくる!!

とはいえ、これも結構難しいんですよね。

あまりにもテンポが遅くなってしまうと原曲のフィーリングを見失いがちだし、
テンポが遅ければ遅いほど、自分のリズム/タイム感のダメさ加減が浮き彫りになりますから。

これも慣れです。同じフレーズをテンポを上げたり下げたりしながら練習していくうちに
ある程度は慣れてくると思いますよ。

わたしに言える範囲は”ある程度”とか”そこそこは”とかって程度ですけども・・・

では、テンポをグンと下げて練習してる音源をどうぞ・・・

 

ようやくバッキング・パターンの全貌が現れました。
長い道のりだよ、まったく・・・

それにしてもリズムはヨタヨタです、はい。
でもまあ、ミュートは及第点じゃないっすか?ダメ?

もうちょい、テンポを上げてみましょう。

 

よたってる・・・千鳥足のようだ・・・
クソぅ・・・

こ、こうなったら、教本指定のテンポ(2分音符=53)まで上げてやるぞ!!
これでも食らえ~

 

まあ、なんですね。これは無理があります。

このテンポでは1分も続けられません。音源の後半ではノイズも出しちゃってるし。

 

  • 16ビートのカッティングでノリノリになるための道のりは遠い・・・

ミュートの技術だってこれで完成ってわけじゃないですしね。
フレーズやフォームが変われば一からやり直しだし・・・ その繰り返しでちょっとづつ
上手くなっていくしかないんだろうなぁ。

それにスピード・・・

2分音符=53の16ビートっていうのはそんなに速くない、もっとスピード感のある曲
はいくらでもありますよね。
それにすら追いついていけないんだから、まだまだ道のりは遠いです。

テンポを上げるには兎にも角にも右手の振り、これがネック。
ある程度から先、それ以上テンポを上げられないっていう壁があって、それを上回ると
右腕がガチガチに力んでしまうんですよね。

もうこうなったら、振って振って振りまくるぞ! 一日素振り1000回だっ!!

嘘だけど。

« リズム・ギターの練習はつづく・・・ | トップページ | バッキングで遊ぶ その3 ダイアトニック全てに適用してみる »

日々の練習日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/31020993

この記事へのトラックバック一覧です: リズム・ギターの練習はつづく・・・ の続き:

« リズム・ギターの練習はつづく・・・ | トップページ | バッキングで遊ぶ その3 ダイアトニック全てに適用してみる »

無料ブログはココログ