« コード弾き!!ギターのバッキングで遊ぶための道具立て | トップページ | リズム・ギターの練習はつづく・・・ »

単なるボイシングの問題なんですけどね、っていう言い分け

前回のギターのバッキングで遊ぶための考え方についてちょっと補足。

あーだこーだ言ってますが、これって結局のところボイシングのお話なだけです。

ボイシングっていうのは和音の音選び。

Cコード(トライアド)なら使う音はC,E,G(ドミソ)の3つですけど、一口にCEGといっても
色々ありますよね。特にギターの場合は素直なクローズド・ボイシングで”ド、ミ、ソ”とだけ
和音を鳴らすことなんてめったに無いですから、常にボイシングを考慮してコードのフォーム
を採用する必要があるように思います。

さらにテンション・ノートを加えてサウンドに花を添えたい場合、
基本となるトライアドやセブンス・コードのフォームに対してテンションの音を追加していく
っていうのが大前提。それが普通のやり方だと思います。

じゃあ何でわざわざダイアトニック上の別のトライアドを引っ張り出す必要があるのか
っていうと、単に楽だから・・・ じゃないですかね?多分。

ギターは鍵盤楽器と違って音そのものよりも、指板上のフォーム・形に注目した方が簡単
な楽器で、ルートの音だけ与えられれば後はどういった形(フォーム)で弦を押さえていく
かだけ考えれば和音を鳴らせちゃう。それが良きにつけ悪しきにつけギターの特徴です。

だからテンション・コードも含めてあらゆるコードを形で憶えようとしちゃうんですよ。
ある程度までならそれでも問題ないし。

突飛な事をしようと思わなければ、基本的なオープン・コードやセーハのコードを憶えて
メジャー/マイナー、セブンス/メジャー・セブンスの形を覚えちゃえば8割は事足りちゃい
ますし、あるジャンルの音楽では100%それで済んじゃう。

プラスしてジミヘン・コードとか有名どころのテンション・コードのフォームを2つ3つ覚えたら
もはや無敵かもしれない。

でも、ですよ。
その辺りが限界。

形だけで憶えようと思っても、その先へはなかなか踏み込めないものですよね。
大して使用頻度の高くない特殊なフォームを記憶し続けておくっていうのは、
少なくとも私には無理!!

それで結局は基本フォーム + 和音の知識 + フレットボード上の音の配列 
などなど総動員で対処していく事になるんですけど、
これまたそんなに簡単なことじゃないわけです。(私にとっては、ですけどね)

いや、じっくり時間をかければある程度は大丈夫なんですけど、
でも、そうばかりもしてられないじゃないですか。
アドリブで遊んでるときなんか特に。

セッション的にアドリブで遊んでてバッキングに回った時に、なんかこうアレやコレや
インプロバイズして遊びたいじゃないっすか。でもこれが激烈に難い。
当たり前の話ですけど、これってキャリアが物を言うんです。
どれだけ引き出しを持ってるかとか、和音の理解度や演奏技術も含めて。

そんな時にも、このトライアドで代替する考え方は威力を発揮してくれるんじゃないかと思う
んですよね。

例えば、

CM7を演奏すべき時に、ちょっと何か変わった事がやりたい!!
じゃあC6とCM7(9)コードを交えてリフ的にやってみよう!!

って考えたら、どうやります?

まあ、この程度ならそんなに難しくはないでしょうけど、コード進行上のあらゆるコードで
この手の遊びを加えまくりたかったら頭がゴチャゴチャになるかもですよ。
ファンク・ギターのカッティングなんてこれの連続じゃないですか、ある意味。

ところがコレをトライアドに脳内変換して考えちゃえば、

C6     = Am
CM7(9) = G

そしたら、C / CM7 / Am / G を組み合わせつつ演奏すればいいでしょ?

そしてこの手の単純なコードの場合、ほとんどのギタリストにとっては何も考えずに
形だけを手で追えばいいだけだから簡単なことこの上ない。

さらに、"G"と"A"は"C"に対して5度と6度。
だから、Cのルート位置だけ把握しておけば、その5度と6度をルートとするメジャーと
マイナーのトライアドとだけ考えればいいので更に楽チンじゃないですか!!

 

あのぅ、こんなに力説してますけど、もしかしたらこれって常識的な話?
「何を今更言ってやがる」って声が背後から聞こえてくるような・・・

まあいいか。

 

着地点を見失ったままへ理屈を転回するシリーズ第3弾
バッキングで遊ぶ その3」へ続きます

« コード弾き!!ギターのバッキングで遊ぶための道具立て | トップページ | リズム・ギターの練習はつづく・・・ »

楽典 / 音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/30991405

この記事へのトラックバック一覧です: 単なるボイシングの問題なんですけどね、っていう言い分け:

« コード弾き!!ギターのバッキングで遊ぶための道具立て | トップページ | リズム・ギターの練習はつづく・・・ »

無料ブログはココログ