« ブルース進行でアドリブ!! コード・トーンからのアプローチ その1 | トップページ | Babyちゃんをゲット・・・出来んの!?(Taylor Baby Mahoの巻その2) »

Babyちゃんを探せ!?(Taylor Baby Mahoの巻)

いやね、なんだか無性にアコースティック・ギターが欲しくなりまして、
次々ギターが欲しくなるのはギタリストの持病なの、不治の病?
とか感じるわけなんですけど・・・どうなんですかね?

わたしなんかまだ軽症だと(いい訳)思いますけども、
2本しか持ってないし。

昔から手放すに手放せず押入れ奥に仕舞いこんで来たギブソン・レスポール・クラシックと
ギター再開後に買ったフェンジャパのテレキャス52年モデル。これだけ。

でも本当はアレもコレも欲しいんです。

スタンダードなストラトも1本欲しいし、セミアコのギターはヨダレが流れるほど手にしたいし。
いや、マジデ。
渋谷のYamahaへ行ってはショウウインドウのSA-2200をジットリ眺め回し、危うく財布に
手が伸びそうになるのを必死に堪えるこの辛さ・・・

ギブソンのES-335もいいんだけども、何故かYamahaのセミアコに惹かれる、異常に惹かれる・・・

まあ、そんな事はどうでもいいんです。

今回はアコギのお話でした。

アコースティック・ギターが欲しいなぁとは薄らぼんやり思ってたんです、前々から。
安物でもいい、むしろ鳴りが悪くて音の小さいヤツの方が住宅事情を鑑みればベスト、
あんまり大きくても邪魔にされるし、っていう事で、いわゆるトラベル・ギターが欲しいな~
なんて事を考えてました。

楽器屋でも小ぶりのアコギを物色してみたり、ネットの出物なんかもチェックしてみたり、
何度となく財布へと伸びる手を、それでも自分でひっぱたいて我慢してたんです。

ところが何の気なくネットを徘徊してる時にたまたま開いた「今日は今日とて
というブログの記事を目にして・・・

ヤラレマシタ

Taylor Baby !!!

このバック材を湾曲させた可愛らしいフォルム、トラベルギターなのに演奏性の良さそうなネック、
アコギのくせにデタッチャブル・ネックって所も潔い、むしろ清清しい。

さらに、なんといってもハード・ギター・ケース!!
(ギターそのものじゃ無いんかいって突っ込みが聴こえてきそうですが・・・)

もはや我慢ならずに購入を決意してしまいました。

 

はやる気持ちを抑えつつアチコチの楽器通販サイトを物色して相場を知ろうとしたら、
なんと、残念なお知らせが・・・
現行品のTaylor Babyに付属してくるのって全部ギグ・バッグなのかよ!?

どうやら2004年ごろに生産拠点をUSからメキシコに移し、その頃からバッグも
ハード・シェルからギグ・バッグに変わっちゃったみたいなんですね。
今でもハード・ケースは手に入るようですけど、ケースに「Taylor Guitar」っていう刻印がされてない・・・

あれですよ、買いたいのはギターなんですよ、別にケースが欲しくて買うわけじゃありません。
それは分かってるんです、分かっちゃいるんですけどね・・・
もうケース付きの状態で愛してしまった以上引き下がれません。

もう2004年製以前の中古市場を探るしかないって事で中古楽器サイトやらヤフオクを
探してみたら、ありました、1本だけ。
・・・あるには、ありました。

程度がどうなってるのか微妙なぼやけ具合の写真で売りに出されてるUSビンテージが。

 

嫌いなんですよね、わたし。あの、なんて言うんですか?レリック加工?
新品なのにわざと古びた感じを演出した、アレ。
まったく意味が分かりません。

だって、新品のキズ一つ無いギターを自分自身で弾きこんで弾き込んで、あちらこちらと
連れまわして、そうやって付いていく傷こそが勲章じゃないっすか!?
それでこそ愛着も沸くってものでしょ?

世の潮流は違うんすかねぇ・・・

同様に、そもそも中古品のギターっていうのもあんまり好みじゃないんですよね、実は。
誰とも知れない輩に使い古されたギターにはどうも触手が動かないというか。

でも今回探してるのは中古品ですからある程度の覚悟はしてました。
でもでも、それでもやっぱりなるべく美品なものを手にしたい。
通販では判断しかねる部分が多いとはいえ、少なくとも写真写りのいい娘を探したい!!

って事で、探索範囲を広げるべくeBayを物色。
お膝もとのアメリカになら求めるBabyちゃんが居るんじゃなかろうかと期待して・・・

もう話が長くて疲れてきちゃったんで(自分のせいです)結論から言いますと、
お膝元のアメリカでもUSビンテージのTaylor Babyは数本しか出品されてませんでした。
もう少し長い期間で様子を見ればいろんな固体がオークションに流れてくるんでしょうけども。

でもね、見つけたんです。

薄汚れちまったBabyちゃん達の中で、光り輝くピカピカなUSビンテージを!!

 
トップ材がマホガニーなので見た目がよりいっそうキュートな一品。

写真写りがいいだけとか、カメラマンがテクニックを駆使してんじゃねえの?とか
思うことは多々ありますが、もうそれならそれで騙されてもいいよ、この際。

「おっちゃん!こいつ一丁貰ってくよ」ってなもんで、気軽にご購入・・・
って簡単に事が済めばいいんですけどねぇ。
すったもんだが(今まさに)進行中なので、その結末はまた後日。

果たして、わたしはBabyちゃんをモノにできるんでしょうか?

(Taylor Baby Mahoの巻その2)

« ブルース進行でアドリブ!! コード・トーンからのアプローチ その1 | トップページ | Babyちゃんをゲット・・・出来んの!?(Taylor Baby Mahoの巻その2) »

楽器 / 機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/31766637

この記事へのトラックバック一覧です: Babyちゃんを探せ!?(Taylor Baby Mahoの巻):

« ブルース進行でアドリブ!! コード・トーンからのアプローチ その1 | トップページ | Babyちゃんをゲット・・・出来んの!?(Taylor Baby Mahoの巻その2) »

無料ブログはココログ