« プリンスへの(ワタクシ的)評価がうなぎ登りな件 | トップページ | Babyちゃんを探せ!?(Taylor Baby Mahoの巻) »

ブルース進行でアドリブ!! コード・トーンからのアプローチ その1

以前よそ様のファンク・リズム・ギター・レッスンを掠め取るみたいなズルをやりましたけど、
また同じ手法です・・・

アドリブ、英語では普通インプロビゼーション(improvisation)って言うから和製英語なんですかね?
まあともかく、ブルースに限らずギターでアドリブをやるとなるとペンタトニック・スケールを使う
っていうのが世の常識だと思います(本当に?)

本当か嘘かはともかくとして、特にブルースの場合はペンタが基本だって事を否定するギタリスト
は居ないはず。とにかくペンタさえ知っていればソロの真似事もバッキングの色付けも何となく
出来ますよね。

でも、なんとなくなレベルを脱しきれない・・・っていうのがわたしの現状だったりします。
ただ単にペンタトニックのスケール音を並べてるだけになっちゃう。

手癖 → ペンタの音が並んでるだけ → 手癖 → 苦し紛れのポジション・チェンジ

みたいな。
これって結構ありがちな駄目ギタリストのソロ回しじゃないっすかね、どうでしょ?
この”手癖フレーズ”の部分に人を飽きさせないほどの多彩なストックがあって、
それを次々と繰り出せますよ!!ってんなら苦労しないんですけど、そんな実力は皆無・・・

もうちょい華麗なソロが出来るようになる手立ては無いもんかとあれこれ考えるんですけど、
馬鹿の考え休むに似たりってんですかね、大した回答は得られませんです。

ペンタトニックを使いこなしたい

 
以前もコード・トーンを意識したソロ回しについてほんのちょっとは触れましたけど、
本人も良く分かってないので投げっぱなしのまま終了してたわけですが、
最近丁度良さげなYoutubeのレッスン・ビデオを見つけたので、またまた掠め取っちまえ
って寸法なわけです。

 

そのYoutube レッスンっていうのがコレ。

Youtube Blues Improvisation in A 1,4,1,5,4,1 Part I
Youtube Blues Improvisation in A 1,4,1,5,4,1 Part II
Youtube Blues Improvisation in A 1,4,1,5,4,1 Part III
Youtube Blues Improvisation in A 1,4,1,5,4,1 Part IV
Youtube Blues Improvisation in A 1,4,1,5,4,1 Part V

 

画像の埋め込みが拒否されてるようなのでリンクだけになっちゃいましたが・・・

 

見て聴いたら分かると思うんですけど、このシリーズで取り上げられてるリックって
非常に古典的で典型的なメジャー・ブルースって感じの響きです。

 
ダブル・ストップ(複弦を使用した奏法)を多用したリックや、和音の奏法。
また、それを分解(アルペジオ)して作る典型的なブルースのターン・アラウンドなど、
内容は盛りだくさん。

盛りだくさんなんですが、それを一つ一つ積み上げてアドリブへ適用させていく流れは
とてもスムーズで納得しやすい作りになっているように思います。
これにもうちょっと枝葉を足せば市販したっていいぐらいじゃないですかね?

しかも他ではあまりお目にかからないユニークな切り口。
(わたしが物を知らないだけかもしれないけど)

なにがユニークって、ブルースでアドリブっていうテーマなのにペンタトニックのぺの字も出てこない!!

全てのリックがコード・トーンを元に作られてるっていうのは珍しくないですか?

この内容を理解して使いこなせるようになったら一皮向けるんじゃないかとか甘い事を
考えつつ、続きはまた今度。 

 

追記
また今度とかいいつつお話はここで終わっちゃいます。
ちょっと(かなり?)内容を変えて続けてみる事にしました。続くかどうかわからないけど・・・
→ コードとスケールを指板の上で一つにする試み

 

 

追記:

ペンタトニック関連記事の目次を作ってみました

 

 

 

« プリンスへの(ワタクシ的)評価がうなぎ登りな件 | トップページ | Babyちゃんを探せ!?(Taylor Baby Mahoの巻) »

教本/参考図書」カテゴリの記事

楽典 / 音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/31649559

この記事へのトラックバック一覧です: ブルース進行でアドリブ!! コード・トーンからのアプローチ その1:

« プリンスへの(ワタクシ的)評価がうなぎ登りな件 | トップページ | Babyちゃんを探せ!?(Taylor Baby Mahoの巻) »

無料ブログはココログ