« テイラー・ベイビー・マホガニーがやって来た!! | トップページ | ギターで弾き語るためのコード譜って? »

今さらですけど、Fender Champion 600のお話

最近、いや、もうそれほど最近でもないんですけど、フェンダーのミニ・チューブ・アンプ
Champion 600を買ったんですね。


Fender_2330100000

 

 

 

 

 
 

レトロなデザインがカッチョイイ、5W出力の小さくてニクイ奴です。
これがまた、いいんですよ~、クリーン・トーンが。っていうかクリーン・トーンが・・・

まあクリーン・トーンしか出せないんですけど。

 
小型のチューブ・アンプ市場は最近花盛りのようで、ラインナップもどんどん充実してる
みたいですね。( 楽天で小型のチューブ・アンプを検索してみた結果
こういった情報ってあんまり追いかけてないので詳しくないんですけど、
各メーカーからいろんな個性を持った製品が発売されている中で、このChampion 600って
ちょっと埋没してしまいそうな地味~なアンプかもしれない。

でもいいんですよ、それで。

クリーン・トーンが気持ちよければもうそれだけで十分幸せになれちゃう。
安上がりでいいじゃんか。

 

でもねぇ、クリーンで気持ちのいい音色を得るのって難しくないですか?

Pocket PODを使ってたときも、ToneLab STを使ってる今も、
この手の(安い)アンプ・シミュレーターで納得のいくクリーン・トーンは出せませんでした。
空間系のエフェクターを掛ければそこそこ綺麗な音色は得られるんですけど、
やっぱり何か違うっていうか、エフェクトを掛けない生の音についついこだわっちゃう。

中高生の頃に持ってた安物トランジスタ・アンプもクリーンは最悪だったなぁ。
だからついついゲインを上げたりエフェクター噛ましたりして誤魔化してましたけど、
何か座り心地の悪い思いはあったんですよね。

だからChampion 600を家に持ち帰って鳴らしてみた時、本当に気持ちよくて感動した。

アンシミュと本物のアンプ、それにヘッドフォンで聴くのとスピーカーを鳴らすのとで
比べちゃうのはフェアじゃないんですけど、一度Champion 600を鳴らしてしまったら
後戻りできなくなっちゃって・・・

音ざわりがとっても自然だし、ちょっとこもってるようにも感じるけど、中域に芯があって
ムラがなくて、実にいい音がするんです。

なんだか深夜のテレビ・ショッピング的な胡散臭さが漂っててきたな・・・

 

 

  • 5Wは思った以上に静かです

 

このアンプ、ボリュームが1個で以上終了・・・っていうシンプル設計。

入力はHight / Low の2系統になってますが、わたしのフェンジャパ・テレキャス
(もちろんシングル・コイル・ピックアップ)の場合、Hight側でボリュームをいっぱいに
上げてもまったく歪みません。

Low側につなぐとフルに上げても昼間ならギリギリ苦情は出ないかな?っていう程度の音圧。
自宅練習用と割り切ればフル・ボリュームにする理由なんてありませんけどね。

 

いつもHight側にギターを直結して、ボリュームは2時ぐらいまでしか上げないけどそれで十分。
最終的な音量調節はギターのボリュームでコントロール。

昼間ならギター側のボリュームはフルかちょっと絞る程度で十分ですね。
カッティングする時はもうちょいボリュームを絞って対応するだけ。

他に弄りようが無いので悩む必要もないってのが楽、むしろ有難いかも。
 

(どの程度までの音量が許容範囲なのかは住宅事情に左右されると思うのでその辺りは考慮してください。
わたしは賃貸で住宅街住まいですけど、壁1枚挟んだお隣さんっていうのはなくて、階下に住人がいるだけ。
アパートとしては許容範囲は大きめなほうだと思います)

 

 

  • それでもやっぱりToneLab STがメインなんすよ

 

これだけ気に入ってるなら毎日毎日アンプにギターをつなげてると思うじゃないすか!

ところが現実ってのはキビシイもんで、結局ToneLab ST(VOX製のアンプ・シミュレーター)
とヘッドフォンがメインだったりします。

 

テレビ並みに音が絞れても、ご近所の心配がいらなくても、

一緒に住む家族の迷惑を考慮するれば、音は出せませんね、やっぱり・・・

 

平日に代休を取った時とか、奥さんが接待なんかで遅くなる日を見計らってコソコソ使うのが関の山。

ところが一度Champion 600の音に触れてしまったら現状のToneLab STのクリーン・トーンに
対する不満がどんどこ積もってきちゃってですね、あれこれ画策してたりするんですが、
その話はいずれまた。

« テイラー・ベイビー・マホガニーがやって来た!! | トップページ | ギターで弾き語るためのコード譜って? »

楽器 / 機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/32287620

この記事へのトラックバック一覧です: 今さらですけど、Fender Champion 600のお話:

« テイラー・ベイビー・マホガニーがやって来た!! | トップページ | ギターで弾き語るためのコード譜って? »

無料ブログはココログ