« スタジオでセッションして来た | トップページ | ギターを抱えてない時こそやるべき事があるんじゃなかろうか? »

ギター的ボキャブラリーを増やさなきゃいかん

ギターを再開して1年半ほど、8割は基礎練習ばっかりやってきましたけど、
さすがに限界を感じつつある今日この頃です。

先日のスタジオ・セッションで改めて痛感したことは、自分自身の手数の少なさ・・・

手数といっても、音符をいくつも詰め込んだ早いパッセージが弾けないとかそういう事じゃなく
(それも出来ませんけど)、ある一つのコード進行に対するアプローチの仕方だの何だの、
そういう高等な話でもなく(それももちろんダメダメですが)

「さあ、何やろうかねぇ」
「じゃあ、こんなのは?」(何かの曲のリフを弾き始める)

とか、

(ある曲のリフなり何なりで)「これを16小節で回しながらソロを取り合ってみようか?」

だとか、

そういうボキャブラリーがまるで無いっていう、そういう手数というか、ストックというか、
そういう物が圧倒的に足りないんだなぁっていう反省なんです。

それは楽曲をコツコツとコピーして、自分の中にストックしていかなきゃ向上しない部分ですよね。
いくら基礎練習してたって鍛えられるもんじゃありません。

昔はそれなりにコピーもして、バンドで合せたりとかしてたはずなんですけど、
まるっきり憶えてないんすよね、まるっきり。

コード進行も、リフも、何もかも忘却の彼方。

そもそも物覚えの悪い方で、コピった曲もライブなりスタジオ練習なりが終わると
途端に忘れちゃうバカモノでしたから仕方が無い。
そのコピーのやり方もTAB譜をただただなぞってるだけの力技でしたしね。
コード進行やスケールを分析したりなんていう知識も発想も無かったし。

まあ、ともかく。

 

ギターを再開した当初、自分の指が動かない、コードもまともに押さえられないって事実に
愕然として始めた基礎練習。何故だか区切りのいいところで止められなくなっちゃって
ました、けど・・・・

それも、もう今日限りだ!!

これからしばらくはコピーに命をかける!!

と・・・自分に言い聞かせてみたりしたりしてみたりして・・・みます。

基本方針はコレ

1.完コピは目指さない
2.曲の一部、印象的なリフ部分とかだけでもOK
3.弾きこなせるまで練習するとかナシ
4.簡単なメモでいいから譜面を残しておく
5.譜面やYoutubeとか参考にしても良しとする

ハードルは低めに設定してみた・・・、これで行きたいと思います。

その代わり、3日で1曲のペースを目指す。
不完全でも4日目は別の曲をコピる。

つまり、1週間で2曲、1ヶ月で8曲ペース。

自分で言いながらも「無理があるんじゃねぇの?」と思ったり思わなかったりしますが・・・

 

やってみます。

« スタジオでセッションして来た | トップページ | ギターを抱えてない時こそやるべき事があるんじゃなかろうか? »

日々の練習日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/32720150

この記事へのトラックバック一覧です: ギター的ボキャブラリーを増やさなきゃいかん:

« スタジオでセッションして来た | トップページ | ギターを抱えてない時こそやるべき事があるんじゃなかろうか? »

無料ブログはココログ