« イヤー・トレーニング再び | トップページ | ピック弾きでも「アポヤンドとアル・アイレ」!? (ギターのピッキングを見直す) »

Valleys of Neptuneと再発ジミヘンCDのオマケDVDが結構面白かった件

ジミ・ヘンドリックスの未発表スタジオテイク集、Valleys of Neptuneが届いたのでさっそく聴いてみました。

 

ジミヘンらしからぬ、っていったら怒られちゃうかも知れないけど、ストレート&弩直球な
曲がてんこ盛りで、あの頃特有のおサイケな意味不明スタジオ・ワークを駆使したり
してないので好感の持てる仕上がりになってます。(本気で後ろから刺されそうだ・・・)

 

イントロのリフからして容赦のないオープニング曲、Stone Free。もう一発目で打ちのめされました。
ジミ印ハードロック?タイトに引き締まったビートが気持ちよすぎる。

アルバムのタイトル曲、Valleys of Neptuneはポップなサイケ曲って感じだけど、
その後はもう、ブルース!ブルース!ブルース!そしてクリーム・・・

 

ジミのギターがとっても素直な音色で収められていて、それだけにより一層凄みすら感じられます。

このタイム感、フレーズ、ピッキングのニュアンスまでもが、「やっぱジミヘンってスゲ~んだなぁ~」
と、アホの子のように口をポカーンと開けたまま一気に聴かせていただきました。

 

Valleys of Neptune

 
 
 
 

このValleys of Neptuneの発売に合わせて再発されたジミのアルバムのほとんどにDVDが
オマケで付いてるんですけど、これって何なんですかね?

いや実は、First Rays of the New Rising Sun (Bonus Dvd) はアルバムを聴いた事がなかったので
今回ついでに購入したんですけど、おまけDVDが予想以上に面白くってですね、
他のアルバムについてくるやつも見てみたいと思わされちゃいました。

特にミキサー卓に座ったおっさんがアルバム・トラックについてウンチクを垂れながら
実際にジミのギターだけのサウンドやベースだけのサウンドをミキサーを操作しながら
聞かせてくれるのが興味深かったです。

もうコレだけで1時間ぐらいやっててもらいたいぐらい。

もうちょい待てばYoutube辺りに上がってくるだろうか?

« イヤー・トレーニング再び | トップページ | ピック弾きでも「アポヤンドとアル・アイレ」!? (ギターのピッキングを見直す) »

アーティスト / 楽曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/33700178

この記事へのトラックバック一覧です: Valleys of Neptuneと再発ジミヘンCDのオマケDVDが結構面白かった件:

« イヤー・トレーニング再び | トップページ | ピック弾きでも「アポヤンドとアル・アイレ」!? (ギターのピッキングを見直す) »

無料ブログはココログ