« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ギターの練習にあるとうれしいグッズについて

どうでもいい小ネタでお茶を濁す。。。
そんなつもりは無いんですが(あります)、ここ最近は次なる飛躍への助走期間(という名の停滞感)
なのか変化も少なけりゃネタも少ない日々を過ごしているので(言い訳)・・・
 

 

ギターを練習するのに最低限必要なものをリストアップしてみただけの記事です。

 

注意!!
ベラボーにベーシックな内容に仕上がってます。
普通にギターをひきこなしてる方は読み飛ばし推奨・・・です。

 

他にもこんなお役立ち OR 自己満足グッズがあるよ!!っていう情報を心よりお待ちしてます。

 

 

エレキ・ギター事始め。<必要不可欠だよ>

 

エレキな方向に絞らさせてもらいました。

 

  • エレキ・ギター

何はなくてもギターそのものは必要ですよ。エアギターじゃねぇんだから。

 

  • ストラップ

エレキ・ギターは立って弾く楽器です。
ストラップが有る事を前提にデザインされているので座って演奏するときでもストラップを
使った方が安定感が増します。

 

  • ピック

男は指弾き!!って人以外は買いましょう。
予備も含めて10枚ぐらいまとめ買いしたって1,000円ちょいだよ。

 

  • アンプ

エレキギターは生音で演奏する物じゃないです。アンプにつないでちゃんと音を出そう。
音を出せない環境ならヘッドフォン・アンプとか、アンプ・シミュレーターとか、
最近はいろんな選択肢があっていい時代になったもんだ。
ラジカセのMic端子に無理やりギターをつなぐとかやったもんだけどなぁ・・・

 

  • シールド・ケーブル

ギターとアンプをつなぐケーブル。
馬鹿高いの買えとか言いませんが、安物セットのギターにおまけで付いてきたような
ケーブルはトラブルの元なので買いなおし推奨です。

 

  • チューニング用品

ギターって楽器は事ある毎にチューニングしないと音が狂っていくもんです。
最低でもその日最初にギターを抱えたときにはチューニングしなきゃ駄目。絶対駄目。
 
用意するのはデジタル・チューナーでいいと思います。
耳を鍛えるためにも音叉を使えとかいうけどさ、初心者こそデジタル・チューナーを使った方がいいと思う。
音の合った状態で練習してなきゃ逆に耳は悪くなるから。

 

 

コレぐらいは持っておこうよ

 

  • メトロノーム

絶対に必要不可欠なツールだとわたしは思いますけど、どうっすかね?
カチカチとアームが動くヤツじゃなくてデジタルのヤツにして下さい。2千円も出せば十分です。
(アームの動くメトロノームはきちんと水平が取れてる台の上に置かないと正しいリズムを刻みません)
ドラム・マシーン的なやつでもいいけど、メトロノームの手軽さこそいいんです。

 

  • 予備の弦

弦が切れたらおしまいよ。予備ぐらいは常に用意しとこう。

 

 

ちょっとした小物で快適に

 

  • ギター・スタンド

ちょっと休憩~~、とかって時に壁やベッドにギターを立てかけておいたら、
何かの拍子にガシャ~ンとかならないように。。。
もし持ってなかったら買いましょう。安いのを探せば1000円ぐらいだし・・・

 

  • 譜面台

つい最近になるまで買ったことなかったんですけど、使ってみてビックリ。
すごい楽だ!!
 
教本を乗っけても良し、手書きのコード譜を乗っけても良し、
つねに見やすい位置に譜面を置ける台があるって事がこんなにもスバラシイとは思ってなかった。
1000円でおつりが来るような安物だけどもう手放せません。

胡坐&猫背で床の譜面とにらめっこはやめた方がいいです。
わたしはそれで頚椎をやられて半年ほどギターが弾けなくなった過去があります。。。20代の頃。

 

  • お手入れ道具

ギター本体を拭くクロスとか、弦に付いた手垢や汗をふき取る布とか、弦に油分を与える
ケミカル製品とか、そういうのもある程度使った方が毎日のギター生活が快適になるんじゃないでしょうか?

特に弦が錆びると途端に弾く気が起こらなくなるのはわたしだけですか?

弦には少しでも長生きしてもらいたいもんです」で紹介したGHS FAST FRET
THE STRING CLEANERはもう手放せないアイテムです。

ストリング・クリーナーはフレットが削れちゃってないかと心配になったりもしますが・・・

 

 

これさえあれば鬼に金棒?

 

Bossじゃなくてもいいんですが、Bossしか知らないので・・・
いわゆる"ルーパー"って言うんですか? "サウンド・オン・サウンド"?
これはもう素晴らしいです。これ無しにはわたしの自宅ギター生活は語れないってぐらい。
語りだすと長くなるので割愛させていただきますが、いいですよ、これ。

 

自分でバッキング弾いて、その上にリフを乗せ、後は延々アドリブ・ソロを引き倒すとか、
あるコードをループさせて、その上でスケール練習すればコード感とスケール・ノートの
関係性を感じながら練習できたりしますし、
好きなアーティストの曲を丸々1曲録音してしまえばそれをループさせてコピー練習、さらに
音程を変えずにテンポの変更が効くので、グッと遅い速度でじっくり練習できたりします。

RC-2 Loop Station 買っちゃった

 

 

  • ワウ・・・・?

心の師、アル・マッケイ曰く、
「ファンキーになりたかったらまずはワウワウ・ペダルを手に入れることだな、
ワウワウがなけりゃファンキーはおあずけだっ!!!
ファンクリズム・ギターの殿堂 で言ってたから・・・

今度はFender G-DEC 3にくすぐられ捲る

以前にBoss eBand JS-8にくすぐられ捲りましたけど、今度はFenderのG-DEC 3にくすぐられまくりです。

 

Indeximg001

 

とにかく、この1台引っ張り出してギターとつなげばもう他に何もいらない、

いや、ワウペダルだけはつなぐ、それは譲れない、
いやいやいや、それはともかくとして・・・

 

アンプにエフェクターつなげて、ギター刺してヨシ練習!
コピーするなら音源が必要だねってプレイヤーを用意し、ちょっとこれ曲に合わせて弾いて
みたいんだけどどうやって音流そうかなあとか試行錯誤したり、
このプレーを録音しときたいよねとなればPCにつなげるインターフェースだ
レコーディング装置だをつなげたりセッティングしたり、あれやこれや・・・
も~~~、面倒くさすぎる。

 

 

っていうのがそもそもBoss eBand JS-8に心惹かれた理由でしたけど、
試奏してみたらちょっと、音が気に入らなかったんですよね。

わたしの場合、自宅でギターを抱えている間の8割はまったくエフェクターをかけず、
歪まさずのクリーン・トーンで弾いてます。基礎練習やちょっとしたコピーをしたりとか、
そんな時にエフェクターはかえって邪魔なんです。
だからアンプもクリーン・サウンドが綺麗なものが好き。

 

JS-8の残念なところは、エフェクターを切るって事が出来ないところなんですよね。
(これはあくまでもわたしにとってはって限定です)
極めてクリーンな音を選択すると音圧が極端に低くなるっていうのも残念でした。

家で鳴らしたわけではないので、そのボリュームがどの程度小さく感じるのか分かりませんが、
他のプリセットでの音と比べると明らかにショボイ。泣けてくるほどに・・・

散々けなしておいてアレですが、この商品はずごく好きなんですよ。
コンセプトも、ルックスも大きさも、使い勝手までは分かりませんけど、とにかく画期的でいい。
いいんだけど、あと一歩、アンプとしての基本性能にもう少し踏み込んでくれれば・・・
(特にエフェクターなしの生の音に・・・)

 

と、思ってた時にこれですよ。
G-DEC 3。


6月9日、ロックの日?、ようするに今日発売なわけで試奏した事もなければ
何がどこまで出来るのかも良く分かってませんが、なにやら期待が持てそうな予感がします。

Fenderのアンプですから、アンプとしての基本は押さえてくれてるんじゃないかなとか、
説明を読めば読むほどアレコレできそうな機能てんこ盛りだし。
実際のところ、どうなんでしょうか?

 

楽天をのぞいてみると、15W物が4万前後、30W物が5万前後って感じ。
楽天で検索 G-DEC 3

サウンドハウスにはまだ出てないですね。

 

 

もう来月にでも、Fender Super Champ XDを買う気まんまんだったのに・・・悩むなぁ。

レギュラー・チューニングと半音下げチューニング

さとるGさんのコメントに対する回答をまんま記事にするという暴挙・・・

最近更新してないし・・・
まあいいじゃないかー。

 

SRVとかジミヘンとか、わたしは詳しくないですけどHR/HM方面にもデフォルト半音下げ
っていうギタリストは大勢いらっしゃいますが、そういう音楽をコピーする時ってどうしてますか?

 

やり方としては2つの道しかないですよね。

自分のギターも粛々と半音下げてチューニングするか、
いやいや面倒くさいしレギュラーのままでお願いしますよ、となるか、

二つに一つ。

 

わたし自身はレギュラーのままで済ましてしまうことが多いです。
 
基本テレキャス使いなのでチューニングを下げるのも手間ではない(ストラトなどトレモロ
ブリッジの付いたギターの場合チューニングにかかる時間と労力は格段に上がるように
思うんですけど、どうなんでしょ?)ので、半音下げたって構わないんですけど、
太いゲージの弦を張ってるわけではないのでベロンベロ~ンんな感じになるのが
あまり好きじゃなかったりとか、、、本音のところ面倒くさい8割ですけど・・・

 

 

バンドでセッションする場合はベースやボーカルなどなどいますし自分勝手には決められませんが。
家でコピーしたり練習したりしてる時はどっちでもいいと(個人的に)思ってます。

 

 

半音下げチューニングとは

 

ご存知とは思いますが、半音下げチューニングとはずべての弦をそれぞれ半音低くチューニングする事です。

レギュラー・チューニングの場合:
  1弦 - E音
  2弦 - B音
  3弦 - G音
  4弦 - D音
  5弦 - A音
  6弦 - E音

 

半音下げチューニングの場合:
  1弦 - E♭音
  2弦 - B♭音
  3弦 - G♭音
  4弦 - D♭音
  5弦 - A♭音
  6弦 - E♭音

 

レギュラー・チューニングされたギターと半音下げのギターを2本用意したとして、
それぞれのギターでまったく同じ運指で演奏した時に何が起こるかっていうと、
ただ曲のキーが変わるだけ。変わるといっても半音だけ(アバウト)

 

レギュラー・チューニングでEメジャー・キーの曲を弾いてみた場合、
同じ曲を同じやり方で半音下げのギターを抱えて弾くと、E♭メジャー・キーに移調される、
ただそれだけの違い。絶対音感がなかったら違いに気付くのは難しいって程度のレベル。
(アバウトすぎて怒られるかもしれない・・・)

一番問題になるのはコピーしてる最中じゃないですかね?というかわたしの場合はそうでした。

 

 

音源を流しながら合わせて弾く時困る? 

 

CDなりMP3なりで聞いた音をギターで再現する、トライ&エラーで正しい音使いやリズムを
探してくっていうのがコピーの基本だと思うんですが、そんな時に、
「えーと音源ではこういうメロディーだな、だけど俺のギターはレギュラーだからこの
メロディーの半音上になるわけだから・・・」
なんて事はいちいちやってられないですよね。

音源を流してそれに合わせてギターを弾こうとしても、チューニングがあってないと
滅茶苦茶な事になっちゃうし。

 

そんな時の解決策は最初に示した道2つ。

 
1.あきらめてギターのチューニングを半音下げよう・・・(クソッ!)

2.いやいや、お前が俺に合わせろよ!!(音源を半音上げる)

 

ギターのチューニングが半音下がってるって事は、曲そのもののキーが半音下がってる
わけです(レギュラー・チューニングと比べて)ってことは、CDなりMP3なりの音源そのものの
ピッチを半音上げてやれば、レギュラー・チューニングのギターでそのまま弾けるって寸法なんです。

 

わたしが中高生の頃はカセットテープ式のMTR(マルチ・トラック・レコーダー)なんかに
テープの速度を早くしたり遅くしたりしてオクターブ上下に音を変えるなんていうのが
ありましたけど、半音だけコントロールなんて・・・あったのかな?記憶ないな。

テープの速度を変える分けですから、当然曲そのものが極端に遅くなったり早回しになったり、
使い勝手はあんまり良くなかったですけど、耳コピするのにずいぶんお世話になった記憶があります。

 

昔話はともかく・・・

今は半音刻みで音源をコントロールして、しかも曲の速度も自由自在にコントロールできる
デバイスやらソフトやらが探せばいくらでもある世の中になりました。
せっかくあるそういうのを使わない手は無いですよ。

 

お勧めはTASCAM MP-GT1 ギタートレーナー
初めて使ったときは感動してビビッた。こんな事が出来るのか!すげぇ、SFじゃん!とか思った。

 

今となってみると、筐体が微妙にデカイうえに、ギターのヘッドフォン・アンプとか使わないなぁ、
など不満もあるんですけどね。

楽天のMP-GT1最安値は13,800円送料別・・・。案外高いなぁ。
ギターをつなげてエフェクターかましたりとか、あんまり要らない機能が値段を引き上げてる?
(要る要らないは個人的感想です、すいません)

MP3機能部分のみ+外部スピーカー(何かと重宝そうなので)とかでお安いのが出るといいかもしれないっすね。

 

この手の機能のあるデバイスは探せば他にもありますし、(eBand JS-8 とか)
パソコン・ソフトでいいのならフリーのやつがあると思う(知らないけど、探せばあるんじゃないでしょうか?)

 

半音下げチューニング対策だけじゃなく、音程を変えることなく速度を遅くできる機能は
耳コピやギター練習に最適で一度使うと手放せなくなりますね、、、(宣伝くさい終わりかただな・・・)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

無料ブログはココログ