« 念願の?セミアコを買っちゃった VOX Virage | トップページ | ピックアップセレクターを交換した、の巻き »

体を壊さずギターを続けていきたいもんです

1週間ほど前に医者へ行ってきました。整形外科。
右ひじに違和感というか何というかで。

常に痛みがあるんじゃなくて何か特定の動作や力の入れ具合でグっと来るような、忘れじの味というか、なつかしの腱鞘炎くさい痛み。

 

案の定腱鞘炎ではありましたが、シップを処方されるだけの極々軽いものでした。。

最近ピッキングのフォームをあれこれ工夫したりアーデモナイコーデモナイやってたのでそれでかなと思っていたんですが、お医者さん曰く「ギターじゃ無いんじゃないかなぁ、いわゆるテニス肘ってやつなんだけど」って、う~ん、テニス、やらないなぁ。野球もやらないし。。。
まったく身に覚えなし。

テニス・ラケットを振るような前後に手首を動かす部位の腱が軽く腫れているとの事で、ピッキングで使う場所じゃないらしいです。確かにギターを弾いててもまったく痛くないんですよね。ギター弾くなとも言われなかったし、これ幸いと練習は続けてます。一応注意しながら。

 

ギタリストの3大病(やまい)

そんな括りがあるのかないのか知りませんけど、

  • 腱鞘炎
  • 腰痛(ヘルニアとかも)
  • 肩こり(頚椎症とか神経圧迫も含む)

もっと他にもあるでしょうが、この3つには本当に気をつけなきゃいかんです。

 
完治に時間のかかる病ばかりだし、癖になったりするし、悪化させると不治の病になりかねない怖い病気です。ちょっとでも違和感を感じたらすぐさま医者に行って見てもらった方がいいですよ。出来れば掛かりつけの整形外科なんかがあると安心ですよね。

 

余談ですが、この手の疾患で外科にはかからない方が無難です。
必ず整形外科医に見てもらいましょう。

以前、寝違えのような痛みで首が動かせなくなり(それがまたモーレツにこっぴどく痛い)、会社の近くの"外科"の先生に見てもらった事があるんですが、レントゲン写真を渋い顔で睨み付けて言う事にゃ、「これは頚椎症ですよ」 との事。

頚椎症って怖い病気なんですよね。
ネットで調べたらショッキングな事例が出てくるわ出てくるわ、こりゃヤバイ、こんな状態では仕事だって続けていけるのかどうか。。。暗澹たる気持ちで掛かりつけの整形外科に出向き「頚椎症になっちゃいました~」と泣きついたらバッサリ、「こんなの筋肉痛だよバカ」って、エエ!?

ってな事がありました。肩や首の筋肉が衰えてたところで電車内で居眠りし、首をガックリ落として眠りこけてたら頭の重みを筋肉が支えきれなくて重度の筋肉痛になってしまったって事らしいです。。。(なんて軟弱な!!)

外科の先生ってのはメスで開いて内蔵覗くのがお仕事、名前が似てるからって整形外科と一緒にしちゃダメよとたしなめられました。

 

 

まずは正しい姿勢から

 

首、肩、腰を守るためにはギターを抱える時の姿勢を正すことが第一です。

床に胡坐をかいて、手元を覗き込みながらギターを弾くなんていうのはもっての外!!

肘掛のない椅子に浅めに座るか、立って演奏する事。
背筋は伸ばし、なるべく猫背にならないように。
手元を除き見るのは必要最小限にとどめ、首をもたげて前方を見る。

肩をリラックスさせる事も重要です。

(これ、まるで自分への戒めだな・・・)

 

おっちゃん、おばちゃんは特に注意(と、自分を鑑みて言ってみる)

若い時分ならまだいいかもしれないけど、40,50になればやっぱり体の衰えは隠せなくなってきます。さらに上の世代ならなおの事注意しなきゃいけません!

特に、歳をとってからギターをはじめた人、何十年かぶりにまたやってみようかとギターを手に取った再開組みの人、気をつけましょうね。(わたしもです) 気をつけろっていったって何をすればいいのか難しいところですけども。

  1. ギターを抱える前に準備運動する
  2. いきなりトップスピードで弾こうとしない!(指慣らししましょう)
  3. 違和感や痛みを感じたらギターを弾くのを2,3分程度は中断して様子を見る
  4. 力まない!リラックス

 
 
こんな感じですかね?

 

左手(運指側)の指先が変色しちゃってカチカチのボロボロになってる人って見かける事がありますが、あれもどうなんだろうとか思っちゃいます。痛くてヒリヒリしたり、皮がむけたりしても、その都度ケアしてあげれば自然な風合いに指先も鍛えられて見た目があんなふうになったりしなと思うんだけどなぁ・・・

 

まあともかく。

最近になってその重要性に気付かされた(ギター抱える前の)準備運動について、、、書こうと思ってたのに無駄話が長すぎてもう時間がないとかいうオチ。。。

 

 

続きです。

ギターを抱える前に準備運動する? その1

« 念願の?セミアコを買っちゃった VOX Virage | トップページ | ピックアップセレクターを交換した、の巻き »

日々の練習日誌」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、やばいですね。この記事見て感じ的には同じです。腱鞘炎は何度かなってます。今回も少しヤバイです。速い曲だといかれてしまいますww

TAMAさん、こんばんは。

お互い気を付けましょう、腱鞘炎。。。
医者で湿布を処方されてから1週間以上経ちましたが、まだまだ治る気配はありません。むしろちょっと酷くなってるのではと・・・恐ろしい。

腱鞘炎だけはもう勘弁ですよねぇ、本当に。なかなか治らないし、酷くなるとやられる注射がまた目も眩むほど痛いし・・・腱に直接針をさすなんて正気の沙汰じゃございません!!そんな事にならないためにも事前事後のストレッチが大事だなと近頃痛感してます。

そういえば、TAMAさんどこかへリンクを張ってくれましたか?アドレスが間違ってそうなので時間があればちょっと確認してみてください。

はじめまして☆
ブルーノートスケール忘れて検索してたんですが・・・
めっちゃうけました。
お話すごく楽しいです。
ひじ、お大事にしてくださいね。

yurikaさん、こんにちは。
ブルーノートスケールに辿りつけてる事を願ってやみませんです。。。。

なかなか直らないです、ひじ。腱鞘炎って直りが遅い or 直らないんですよね、気をつけていたんですが・・・
yurikaさんは体を痛めないように、健やかにお過ごしください!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/35691647

この記事へのトラックバック一覧です: 体を壊さずギターを続けていきたいもんです:

« 念願の?セミアコを買っちゃった VOX Virage | トップページ | ピックアップセレクターを交換した、の巻き »

無料ブログはココログ