« テレキャスターのペグ交換 その2 | トップページ | Fender USA Platinum Cableでリッチな気分に浸った »

ギターの弾き語り練習はじめました

今さらながら弾き語りの練習はじめました。

先日、といっても一月以上前になっちゃいましたが、町田VOXさんのフリーセッションに参加させていただいた折、8小節ほどのコード譜を渡されて「ほぼこれの繰り返しですから。あ、あとサビに行くときは合図しますんで、ここからの4小節の繰り返しでよろしく」的な感じでステージに上げられた時にサッパリ対応できなかったんですよねぇ。

心の準備が出来てなくて緊張してたというのもありますが、そもそもパッと渡されたコード譜を単純に鳴らしていくっていう作業ができなかったです・・・

その時はステージにギターが3人も上がっていて、ぶつからない様にどうボイシングするかとか、聴いた事があるような無いような馴染みの薄い曲でフィーリングが掴めなかったとか、そもそも舞い上がってました、とかとかありましたけど、

やっぱり一番の問題はパパパッとイン・タイムでコードを押さえていく事が出来なかったと。。。そう言う事なんですよね。反省しまくりな、そういう意味では有意義なセッションでありました。

 

そんなこんなで、ただ凹んでばかりいても仕方が無いですし、いろんな曲を弾き語りチックにコード弾きしながら鼻歌でも唄って練習しようと思い立った次第です。

 

 

自分なりのルールを課してみる

 

そうはいっても街角にたってアコギで歌を歌いたいわけじゃありませんから、エレキでバッキングの際のトレーニングとして最適化できるように自分なりにルールを設けてみました。

 

  1. 開放弦を含むロー・ポジションのコードは使わない
  2. トップ・ノートを大きく動かさないボイシングを心がける
  3. オン・コードやテンションも可能な限り譜面に従う
 

以上3個の自分ルール。

 

1. バンド・アンサンブルでギターがコードをジャランと弾くときってスタッカートでリズムのアクセントを付けたいじゃないっすか? (100%個人的な好みの問題です) って事で、左手のミュートでコントロールできない開放弦を使ったコードは封印。

2. トップ・ノートとは、和音として鳴ってる個々の音の中で一番高い音の事。これをなるべく2度で動かす。難しければ3度でもOK。コード・チェンジした途端にトップ・ノートが5度も6度も上の音にギューンと飛んでいくとか、そういうのは無しの方向で頑張る。

2度とか3度って何?って場合はこちらをどうぞ

 

3. ギター用のコード譜の場合怪しげな物も多いんですが、ポップス系のピアノ譜を使う場合、テンションや分数コードまでキッチリ再現してあげると気持ちよかったりしますね。

 

 

馴れないコード・フォームで更に凹む・・・

 

曲は手元にコード譜があるポップなやつを何となく好みで選択しました。見るからに難しそうなのは避けつつも、4小節ず~とワン・コードみたいに単純すぎるのも避ける、ってな頃合で・・・

それでも上記3つの縛りを入れると難易度激増ですんなりいかないっす。

 

ポップスって難しいコードの曲が多くないっすか?

難しいといっても1曲中に1,2個ディミニッシュがあるとか、テンション・コードがちらほらとか、その程度のものですけど。。。 それに、トップ・ノートをコントロールしようとすると、今まで積極的に使って来なかった4弦ルートのフォームがいい感じの頻度で必要になって・・・・

撃沈

とまでは言わないけど、難しかったりしました。

 

こいつでいろんな曲をどんどんやってみよー!!

と思ってたんだけど、到底そんなレベルじゃなかったです。一つの曲を2週間ぐらい繰り返してようやく様になってきたような有様。

もうちょい、がんばろう。。。

 

蛇足

トップ・ノートのボイシングを考えるときに頭がこんがらがって、「ああー、やっぱコードブック欲しいかも」なんて軟弱な事を考えたりもしますが、そんな時にこれが役立つかも。

フレット数の書かれていないコード・ブック/初心者集まれ!指板図くんのギター・コード講座 第15回

すごく良くまとまってる。
これだけあればコードブックなんてまったく必要なくなるレベル。ちょっとだけカンニングしたい時には使わせていただきます。リットーさんありがとう。

« テレキャスターのペグ交換 その2 | トップページ | Fender USA Platinum Cableでリッチな気分に浸った »

セッション」カテゴリの記事

日々の練習日誌」カテゴリの記事

楽典 / 音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/36244181

この記事へのトラックバック一覧です: ギターの弾き語り練習はじめました:

« テレキャスターのペグ交換 その2 | トップページ | Fender USA Platinum Cableでリッチな気分に浸った »

無料ブログはココログ