« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

お気軽お手軽なイヤートレーニング

つらつらとyoutubeを見てたら、思わずなるほどっ!!と膝を叩いてしまう耳トレ方法がっ!!
って事で毎度の事ながら他人のふんどしで堂々と記事をアップするのでありました。
ごめんなさい。

 

イヤートレーニング関係のネタは今までにも散々書き散らしましたし、あれこれやってみたりしましたが、なかなか手ごわいもんです。継続しないからっていうこともありますが、やっぱり才能がねぇ、ないんだな~。

・・・・・。

まあ、そんなね・・・うじうじしても仕方がありません。
このお気軽訓練を取り入れてみるのもいいんじゃないかと・・・(すでに失速気味だけど)

 

 

あれこれごちゃごちゃ言ってますが、肝の部分はここだけ。

 

「曲のドタマの音2つだけ取り出してやってみてチョーよ」

 

1:53 の辺りです。 

自分の好きな曲でもいいし、さっきテレビで流れてた曲でもいいし、ちょっと気になったCMソングでも何でも構わないから、その曲の最初の2つの音だけを取り出してみる事。そんでもって、そのインターバルがどうなってるのか調べて味わってみてね~

ってな塩梅。

インターバルとか度数っていうのが分からない場合はこちらをどうぞ 

 

その曲のイントロでもいいし、サビの部分でも構わないし、何でもいいんです。

 

2:25 辺りから、
「蛍の光」と「ウエディング・マーチ」のテーマを例に取って、その最初の2つの音のインターバルが「4度」で共通だよねって話をしてます。

 

3:10 辺りから、
「スター・ウォーズ」のテーマの最初の2つの音は「5度」のインターバルだねってお話。
間違ってスーパーマン、スーパーマンと連呼してるのはご愛敬 ^^

 

その後「4度」と「5度」の響きの違いを繰り返し聞かせてくれます。

 

映像の後半部分は見ても見なくてもまあOK。

 

 

インターバルを記憶するのに聴き慣れた曲を使うのって反則・・・じゃないですよね?

 

i phone アプリの Karajan® - Music & Ear Trainer なんかを使って耳トレしてた時、いつもある曲の一節が思い浮かぶインターバルってあったんですね。一度その響きが特定の曲と結びついてしまえば思い出すのも判断するのも早い様な気がします。

それにある曲の頭の2音のインターバルを調べて、そのインターバルをしばらく味わうのに5分もあれば充分。

なんとなくテレビを眺めながらだって出来そうだし、気張らずお気軽に(肝心なのは継続的に・・・って所だって気がしますけど)隙間時間で繰り返しやってみると何か発見があったりするかもですよ。。。。(本当か?)

ギターが上手く弾けるかどうかなんて生まれながらの才能だよとか身も蓋もない事を言ってみる

禁煙10日目です!!
このささくれ立った心を可愛いあの娘にナデナデしてもらいたい気持ちでいっぱいではありますが、そんな妄想を繰り広げてはさらに激しくササクレる、そんな禁煙10日目。

毒を吐くにはもって来いのこのタイミングでこんな本を読んでました。

 

橘玲 「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」

 

異なる環境で育てられた一卵性双生児の話とか、脳科学やら進化論やらを次々持ち出して、これでもかと展開される導入部の切れ味と脱力感はハンパないっす。

結論から言っちゃえば、

努力とか意味ないしぃ・・・・、って反抗期の女子のような主張。。。

 

人の持つ才能や能力、個性や嗜好や性格すらも、生れ落ちる以前からすでに遺伝子によって決定されていて、その後の育児や教育などが介在する余地は遺伝的要素に比べれば無視できるほどに小さい。(のではないかという学説があるよって段階だと思いますけどね)

どんなに努力して自分を高めようと学んでも、ノーベル賞級の学者になれるのはごく一部の人だけだし、まったく同じだけ訓練を積んだところで100人が100人イチローになれるわけじゃない。

英語学校に通って、簿記を勉強し、さらにはMBA取得を目指してみたりとかさ、そんな努力をしてみたところでメキメキ出世したりする野郎はほんの一握り。

「やればできる!!」なんて母親の小言みたいな事をほざく自己啓発本やら何やらをバッサリ斬り捨てて、爽快ですらあります。だって大半の人は「やっても出来ない!!」んだもん、なんていうあまりにもド直球なお言葉に胸をえぐられる有様。

ほとんどの場合は「やっても出来ない」どころか「やらない・・・」、「やれない・・・」だよなぁ

 

昔の人はエライね、小難しい統計学なんて持ち出さなくたってたった一言で片が付きますよ。詰まるところね、トンビは鷹なんか生まないんだわ、ぶっちゃけ。

努力と根性だけで遺伝的形質の檻を越えられるなら、ど根性だけで8頭身&小顔のイケメンにメタモルフォーゼ出来ちゃうような明るい未来が待ってるんだけどねぇ。。。癌だって先天性の病だって、努力だけで克服できちゃうスバラシイ世界!!

でもね、悔しいことにそんな話は聞いたことがありません。

 

自分の顔面の出来不出来を親から頂いてるのと同じように、頭骸骨の中に詰まったブニョブニョした物の仕上がり具合だって親からの頂き物に他ならないわけです。

 

あれ?何の話だ、これ?!

 

いやいやいや、つまりあれだ、ギターだってね、上手く弾けるかどうかなんてのも同じ事でさ、結局は才能なのよ、努力じゃ才能は超えられないの。分かる?チクショー。ちょっと、女将さんもう一杯持ってきて、熱燗ねってなもんですわ。

 

でもあれです。

たとえば、絵を描いたりしますか? 短歌とか自分で読んだりします?
何でもいいんですけど、自分じゃやらないだろうなって事いっぱいありますよね。たとえば、フェルマーの最終定理がどうやって証明されたのか紙と鉛筆を使って自分で検証してみたりとか、しますか?

どれもこれも興味がないことは無いですけど、やらないだろうなぁと、わたしはね。

絵を描いてみたいなぁ、程度はつぶやいたとしても画材道具を買い集めたりしないし、お絵かき入門みたいな本を買ったりもしない。買ったところで長続きしないのも分かってる。

でもね、

高校に入ってすぐ小遣い叩いてギターは買ったんですよ。その後20過ぎまで不真面目ながらも手放すことなくギターを小脇に生きてきたし、その後生活に必死な時期を乗り越えて、またまたギターを手にしてる。

 

こうして努力を楽しみに換えて続けられるのって立派な才能だと思うんですよね。

「遺伝的形質」とか言われちゃうとカチンときますけど、だからといってそれを乗り越えてまで無理に絵画が趣味ですと言える程度まで絵の訓練をしたいかといえば、そんな時間があったらギター弾くわい!ってのが本音でしょ?

 

だからって、ジミヘンにもプリンスにもなれやしませんけどね~。そこまでの才能じゃないのは分かりきってます。せいぜいが、これまで楽器なんて触ったこと無いなぁって人よりは高い才能。。。

でも、いいんすよそれで。

そんな程度の才能を自分の中に見出してほくそ笑む。その程度で十分幸せに生きてい・・け・・・(世の中そんなに甘くなかった!!)

 

まあ、なんだ。

結論は、禁煙て辛いねって事だよ!!コンニャロ!!!

 

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

無料ブログはココログ