« 話が長い上に面白いかどうか不明なスケールの話 その2 | トップページ | ホール・トーン・スケールがスラスラ弾けなきゃ話が進まないんで練習 »

話が長い上に面白いかどうか不明なスケールの話 その3

憂鬱と官能を教えた学校 TV」 1回目の鍵盤で12キーのメジャー・スケールを簡単に弾けるようになるメソッド。

ギターに当てはめたらどうなる?っていうお話の続きです。

前回はコレ: 話が長い上に面白いかどうか不明なスケールの話 その2

 

すでに息切れ寸前で面倒臭くなっちゃっておりますが、ますがまだまだ続きます、ホール・トーン・スケールの話。。。

 

ちょっとここでおさらい。

ホール・トーン・スケールってのは、全音で音を並べた音階。2種類しかありまへん。

 

021

 

032

 

で、前回ギターの指板上で作ったホール・トーン・スケールは「ライン1」でした。

091

 

さて、ここで「ライン2」の運指も作りたいんですが、こういうのはナシね。そのまんまの形で1フレットだけずらしゃいいじゃんってやつ

 

10_1

 

もちろん、これでもOKですよ。スケールとしては100%正解!無問題です。

でも今後の話の流れの都合があるので、まずは運指を決めさせて下さい。そんで左手のポジションは動かさない!!っていう縛りを設けます。

ライン1と2、同じポジションでどっちも弾けるように考えたいんですね。

 

ライン1の指づかいはコレ

091

もうこれ以外の指づかいは禁止の方向でお願いします。

3,4フレットは必ず人差し指で押さえる。5フレットは中指。6フレ薬指、7フレ小指。やり難くてもこれで慣れて下さいm(_ _)m

 

ライン2もまったく同じ指使いで作っていきます。

まずは、ボトムとトップに分けてパターンを見ていきましょう。
ここからは「ライン2」です。

11_2

 

 

「ライン1」と「ライン2」では、パターンがひっくり返ってます、わかりますでしょうか?

全体像と運指はコレ。

122

こちらの運指には落とし穴ないっすね。(ライン1には紫のドットで示した落とし穴がありました)

 

はい、ようやくライン1とライン2が指板上でそろいました。うんざりして来ましたけどまだ続きます・・・・

 


~~目次~~

  1. ホール・トーン・スケールから様々なスケールを導き出、す・・・?  
  2. 話が長い上に面白いかどうか不明なスケールの話 その1
  3. 話が長い上に面白いかどうか不明なスケールの話 その2
  4. 話が長い上に面白いかどうか不明なスケールの話 その3
  5. ホール・トーン・スケールがスラスラ弾けなきゃ話が進まないんで練習
  6. 大団円?ホール・トーン・スケールから色んな音階を導き出すぜ<前編>
  7. 大団円?ホール・トーン・スケールから色んな音階を導き出すぜ<後編>
 

« 話が長い上に面白いかどうか不明なスケールの話 その2 | トップページ | ホール・トーン・スケールがスラスラ弾けなきゃ話が進まないんで練習 »

指板の見取り図」カテゴリの記事

楽典 / 音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089833/38559393

この記事へのトラックバック一覧です: 話が長い上に面白いかどうか不明なスケールの話 その3:

« 話が長い上に面白いかどうか不明なスケールの話 その2 | トップページ | ホール・トーン・スケールがスラスラ弾けなきゃ話が進まないんで練習 »

無料ブログはココログ