« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

アンディー・パートリッジのギター・レッスンをもう一回見直したりして・・

わたしの中では(勝手に)キング・オブ・ポップって事になっているバンド"XTC"のギター・ボーカルであり、職人気質、チャキチャキのポップ親父とあだ名されるアンディー・パートリッジのYoutube映像です。

ギター・レッスンって題名になってますけど、実のところあんまりレッスンじゃない。

でもこの気難し屋のアンディー親父が機嫌よくギターを弾きながら自分の曲やギター・プレイを解説をしてる姿って貴重なんじゃないでしょうか?

ずいぶん前からネットに上がってた映像なので今更なんですけど、改めてじっくり見たのでメモっておこうかと・・・

 

 

2部編成になってます、まずは「パート1」

00:45
まずはコピーする事だ。おれもいっぱいコピーしたよってお話で、ジミヘン、グレイトフル・デッドのジェリー・ガルシア、ロリー・ギャラガーなんかを弾いて見せてくれます。

 

03:26
だれの事だろう?オーリー・ハウスロン?知らないなぁ。聞き取れないだけかな?アルバート・アイラーみたいなって形容してるので一筋縄ではいかない人なんでしょうね。

ギターで弾いてくれてますが、いかにもアンディーの好みそうな前衛的^^; ヘンテコ演奏っすね。

追記:
コメントで教えていただきました。オリー・ハルソールなんだそうです。う~ん初耳、勉強になります!!

 

 

04:45
アンディーの曲作り、特にギターのボイシングの話へ。

この人がごく普通のものとは違うコードのボイシングをアレコレ試しては、その独特な響きからイメージを膨らませて作曲するって話は(多分)有名。興味深いです。

 

05:10
"E"メジャーの例。左側が一般的なフォーム、右がアンディーのフォームです。

本来3弦の1フレットの△3度(A♭)の音をオクターブ下の6弦で出し、3弦では5度(B)。

「普通のサウンドより温かみがあってずっとええで」って言ってますね。

 

"D"メジャーの例

これは1弦の△3度(F#)を2オクターブ下の6弦に持っていくパターン。

やってる事は単なる転回形の模索。でもギタリストでここまでこだわってる人ってあんまりいない気がする・・・、どうなんでしょ?

こんな風に自分にとって心地の良いサウンドを探していく姿勢。これが職人と呼ばれる所以なんですかね。だってたかがトライアドの、一番基本のオープン・コードっすよ。

 

05:40
以上のボイシングを踏まえて、コード・バッキング。進行は"A  E  D  E"。最初は一般的なコード・フォーム、次にアンディーのフォーム。

英国のどこまでもなだらかに続く牧草地を思わせるような、暖かくて牧歌的なサウンドが後期XTCの一つの魅力だと思うんですが、それはこういうボイシングの妙からも生まれてるんすねぇ。

 

06:32
このボイシングのボトム(コードの一番低い音)を繋いでみると心地よいベースラインが現われてくる。なるほど。

 

06:43
興に乗ったのか鼻歌でメロディーを付け始めたぞ!

ボイシングもどんどん転回させてイメージを膨らませていく様がスンバラシイ。

 

7:46
Q.「コピーとかすんのはエエけどさ、人マネじゃなくて自分のスタイルってどうやって作んのさ?」

A.「そりゃ、お前さん。退屈しねぇこったな。いつだってナンジャコリャ!?ってなるようなプレイを心がけなきゃなんねえゾ」

またここで名前が上がりましたね、オーリー・ハウスロン??誰?

アンディー曰く「彼はこんな風にゃやらねーだろ?(ブルース・リックを弾いてみせる)、やつがやんのはこうだ!(変態無調性型垂れ流しソロ炸裂ww)」

「これぞ"えぐぞちっく・らんどすけーぷ"っすよ、エッヘン」

「眠てぇ事(ブルースとか)言ってんじゃね~ぞ!ウッシッシ」

、等の暴言が続きます^^

 

08:45
リード・ギターについて一言、「おれはコード進行の奴隷にゃならね~ぞ!!!」

「何!キーがGだと?よっしゃ任せろ、おれはAメジャー・スケール弾いてやっからな!」ww

 

Surprise yourself, alarm yourself, HURT THE NEIGHBORS!!!

名言ですww

 

いやいやいや、アンディー親父節炸裂。こんな事ばっかりやってるのにポップスの世界に踏みとどまっててくれた事に感謝したいです。いや本当に。(だって最近はもう踏みとどまってないし・・・)

 


 

この危ういバランスをもう一回取り戻してくれ~~。。。

(XTCを聴いた事がない方にもぜひ上のYoutubeの曲を聴いてもらいたい。出だしがナンダコリャ?だと思いますが^^; せめて歌が始まるところまで我慢してもらえれば納得いただけるかと・・・。)

 

Apple Venus 1

基本練習がマンネリになってきた

基本練習って真面目に取り組めば取り組むほどにマンネリになって、惰性でダラダラとやってるだけになっちゃうんですよねぇ。やらないよりはマシ!!とは思うんですけど、つまらない繰り返しになってしまったら何か新しい事をやらないと

って事で、基礎練をリニューアルしようと思ってます。

でも、新しい事を覚えたり、今までやってない事を指に叩き込むのってシンドイ。最近ちょっとモチベーションが上がらないので困ったもんです。

一応はちょこちょこと情報収集したり、積んであるだけの^^;教本を今一度ひも解いてみたりしてるんですけどね~・・・

 

マーティー兄やんのビートルズ的リック

 

まいどお馴染みかどうか知りませんが、この人のこの手のレッスンは相変わらず面白い。

 

 

メジャー・スケールのシーケンスを使った単純なリック(04:23から解説があります)ですが、アウトサイド(インサイド・ピッキングでした~、マチガイ)で弦飛びピッキングする基礎練習にちょうどいいし、小指を酷使するのでフィンガリングも鍛えられるのでは?

さらに指定のコード進行でいい感じにアドリブも出来ちゃうって寸法。

キーは"Aメジャー"、コード進行は下記の4小節。

| A  E7  | F#m7  A7 | D   Dm  | A       |

基本的には「Aメジャー・ペンタトニック」だけど、3小節目の"D - Dm"だけは例のリックを弾いてやればバッチリ。(マーティーさんは、この「サブドミナント - サブドミナント・マイナー」の部分を伝統的なビートルズ・サウンドだって言ってますね。そうなの?)

BOSSのLoop Stationなんかでバッキングをループさせてやってみると、これが結構面白いの。必ずD-Dmでリックを挟むっていう単純なルールと、そのサウンドの気持ちよさでハマる^^

 

 

トライアドを叩き込むサーキット・トレーニング的な?

 

これは本腰入れてやらなきゃなと思ってるトレーニングなんですけど、面倒な上にマーティー兄やんのヤツのような面白味が無いので二の足を踏んでる練習。

1,2,3弦だけを使ったトライアドの基本3ポジションを機械的に往復する訓練。

 

 

レッスン・ビデオでは"G"のトライアドを例に挙げて説明してます。1~3弦を使った"G"コードって押さえ方は3通りあるんですが(6弦ルート、5弦ルート、4弦ルートの基本フォーム)、それを5往復しろ!!って内容になってます。

この調子でダイアトニックの"I ~ VII"までをメトロノームを使ってノンストップでやるとか、5度圏でキーを移って行くとか、やり方はいろいろ考えられそうですよね。面倒くさそうだけど・・・・

考えただけでグッタリするけど・・・・

 

っと、まあ、
そんな事を考えてますって事をメモっておこう。。。

3.11の向こう側

東日本大震災、ちょうど今日でまるまる一か月たちましたね。

マグニチュード9.0の激震、いまだに頻発する余震、想像を絶する津波の被害と、収まる兆しも見えず深刻化する原発事故。いやいやいやいや、もーもーどうしたもんかいな?ってな日々が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょう?

わたし個人に限って言えば幸い深刻な被害を受けることなくのうのうと生きておりますけども、この先わたしたちの暮らしはどうなって行くんだろうとか、この国の将来はどうなっていくんだろか?とか、柄にもない事を考えてしまう今日この頃です。

相変わらずギターは弾いてますし、生活が一変したわけじゃありませんが、この事を一度総括してしまわないと音楽の事をつらつら書いてる気分にならないので、一度だけ、今回だけ、震災についてまとめてみようかと思います。

 

 

義援金・寄付金先についてメモ

 

義援金と寄付金の意味合いの違いに留意し、自分のお金をロスなく確実に被災地/被災者復興に役立てられるように考えましょう。

義援金 : 集めたお金は被災者に直接送られるが、分配率や方法を算定するのに時間がかかるので、実際に被災者にお金が渡るまでには時間がかかる。今回の震災は規模も範囲も人数も桁はずれに大きいので難航するでしょうね。

寄付金 : 自治体やNPOなどへの寄付金は、復興活動や支援活動にかかる費用に当てられます。

一部の芸能人やテレビ局が主導してる募金、日本ユ○セフなど、寄付金そのものや決済手数料などで肥え太ってる(都市伝説です^^)野郎どもに注意しよう・・・っていうか、日本赤十字や日本政府、各自治体や具体的な活動を応援したいNPOなどに直接募金すべきだと思います。

リンクを張っておきます。

日本赤十字 東日本大震災義援金

内閣府 日本政府を通じた東日本大震災義援金受付のご案内

宮城県 寄附金及び義援金の 受付窓口

福島県 寄附金について

岩手県 義援金・寄付金の募集について

などなど、

 

 

今こそ本当の投資で日本を買い支えるっていうパラダイム・シフトを

 

かの有名なバブルと、バブルで浮かれ上がった馬鹿どもによって薄汚いイメージがこびり付いた株式投資ですけども、バブルの頃のアレは投機で、投資とは別物と考えましょうよ。

そもそも株式市場ってのは資本主義の根幹を支える重要なものだと思うんです。株式に投資する人が居なくなったら資本主義国である日本は終わっちゃいますからね。

マネーゲームで利益をかすめ取ろうとするギャンブルのような投機じゃなく、日本経済は必ず力強く回復するんだという信念を元に日本株を買い支えるという視座を持って投資しましょ。

当たり前の話ですけど、全財産注ぎ込む必要なんてないですよ。

バブルのころと違って堅実で低コスト、金融機関を肥え太らすだけの詐欺商品じゃない、真っ当な投資先が増えてきてますから、そういうのを選びましょう。

この先5年・10年先まで使う必要のない金額の範囲で投資すればいいんです。

千円から買えて、買い付け手数料のかからない投資信託も沢山あります。個別の企業の株を買うなんて本格的な事をする必要はないので、東証株価指数(TOPIX)に連動する投資信託か、ETFを選べば十分。

 

ちょっともうこりごりだわ、原発ちゃん

「京都大学原子炉実験所 小出裕章氏に聞く」っていうこのインタビューが全てを語ってると思います。ちょっと長いですが、(一部ヒステリックな反原発原理主義的な人じゃない)原発に反対する専門家(ここ重要!)の意見はとても納得感がある。

すでに再臨界を起こしていると疑うに足る兆候や、最悪の結果についての解説には胃が痛くなった・・・

追記:
過去に原発にかかったコストを算出すると、結局原発がもっとも高コストな発電方法では?
立命館大学 大島堅一教授へのインタビュー

 

テレビの情報番組で語ってるエセ専門家にはもうウンザリ。。。

当然ながら、ほとんどの専門家たちって電力会社やその周辺団体と利害関係を共にしているわけで、内部告発するぐらいの勢がなけりゃ批判的な事なんて口にするわけ無いし、それは生きる糧ですから批判するのもかわいそうなんですけどね・・・

 

でもこれだけは言いたい。

今回の原発事故とその後の対応は「日本のエンジニアリングに対する神話」を地に落としたんだよ! これは原発だけに留まらない! 車も精密機器も日本食も、ありとあらゆる「日本製」への信頼がいったん失われちまうんだよ。

これがすげぇ悔しいの。すんげえ悔しい。

爪楊枝で突っつくほどの隅っこで、それでもエンジニアとして生きてきた自分にとって、
「てやんでぇ!クソ外人どもめ、エンジニアリングは日本人に任せてすっこんでろ!!」と啖呵を切ってきた者として、

そして、そろそろマネージメントに軸足を移すべき年齢に達してきた者として、

なんとも暗澹たる気分になるっていうか、自信を失うっていうかねぇ・・・

何を言ってんのか自分でも分からなくなってきたw

 

まあともかく、今回の原発業界の失態は、電力会社だけをスケープゴートにして済ませちゃいけないんじゃねーかと思っちゃったんですね。(いや、もちろん野郎共にはきっちり詰め腹切らしてやる!とは思ってますけど)これは日本という社会・文化が内包する暗黒面であって、どんな業界や組織でも起こりうる極めて日本的な在り方なのかなぁって。。。

 

なんだか酒の席でくだを巻いてる気分になってきた!

まあまあ、そんなこんなで3.11の向こう側へ向けて何はともあれ進んでいきましょ~

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

無料ブログはココログ