カテゴリー「音符を読む(読譜)」の4件の記事

音楽の世界で自由に遊べるようになりたい! 「耳と感性でギターが弾ける本」レビュー

トモ藤田さんの「耳と感性でギターが弾ける本 」のレビューを書こうか書くまいか、どうすっかな
と考えつつほったらかしてたんですが、他に豊富なネタがあるわけでもないし、
発売前に記事を上げてたりもするし(そろそろ出ますね、新たなトモ藤田教本)、
って事で、一応レビューらしき物を上げてみる事にしました。

 

 

  • 付属のCDがユニークだわ

 

付属のCDが変わってるっていうか面白いっすね、これ。
すごく特徴的なつくり。

一般的なギター教本(CD付き)の場合、言いたい事はすべて書籍に記述して、
CDには模範演奏やマイナス・ワンのトラックが淡々と録音されているものですけど、
この教本のCDはだいぶ毛色が違います。

 

まるで個人レッスンでも受けてるような感じっていうんですかね、これは?
トモ藤田さんが

  • ギターを弾きつつ、
  • 解説しつつ、
  • 注意点を指摘しつつ、

っていうのをライブで録りっぱなしにしてる感じ。

 

書籍を読まなくても、このCDだけでも5割ぐらいは何のレッスンでどう取り組まなくちゃいけないか
了解できちゃうかも。

それぐらい、しっかりと解説的なくだりが収録されてます。

 

なら書籍では解説が端折られているのかというと、そうでもないんですね。
むしろ、この教本は読み物としての側面の方が強いぐらい。

 

エクササイズを無駄なく詰め込んだ「ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ
シリーズとは対極にありつつ、「ドカンと上達・・・」シリーズでは足りなかった
(わたしには物足りなかった)解説を書籍に盛り込んだような、そんな感じ。

どんな感じなんだ・・・ 

 

 

  • 前半部はちょっと蛇足?

 

前半の1~3章は、ちょっと蛇足って気がしないでもないような・・・

1章 練習の環境を整える
2章 基礎的な運指を見直す
3章 リズムを身体で感じる

トモ藤田さんの他の教本やDVDを見たことがある人にはお馴染みの?指摘(+α)が
ここでも繰り返されてます。

でも、こうやって実際に音を出しながらの説明がCDに録音されているっていうのは
分かりやすくていいですね。

(トモさんおなじみの指摘)

  • アンプは必ず通しなさい!
  • やさしくピッキングしないと近所迷惑になる程度にアンプのボリュームを上げなさい!
  • 超スローなテンポから練習しなさい!
  • 常にミュートに気を使いなさい!
  • リズムとアクセントを気にしなさい!

などなど 

 

  • 耳を鍛える ・ 指板を憶える ・ コードを知る
 
 

いよいよ本題の部分。

4章 スケールを音程で理解する
5章 トライアドのハーモニーを知る
6章 ブルース・フィーリングを身につける

 

ギターでも何でも、楽器を使って音楽(ポピュラー・ミュージック)を自由に演奏して、
音楽で遊ぶ、っていう域に達するためには、

  1. 耳を鍛えて、
  2. 楽器の特性に精通して、
  3. 和声(コード)に十分精通する

って事が、最低限必要だと、つくづく思うんですよね。

 

ギターの練習ってついつい2番目の、しかも「機能的な運動の練習」だけに一生懸命に
なりがちじゃないですか?

でも楽器の特性、つまりギターの特性に精通するってただ単に指が速く動くとか、
それだけじゃダメですよね。
(もちろんそれはそれで練習しなきゃだめですけど)

自分の望む通りのメロディーや和音を楽器で奏でられるように、どの音がどの場所で
鳴ってくれるのかを理解して、思い通りに”できる”事、
それも楽器に精通するって事の一つのはず。

でもそれって、スンゲー難しいんです。

びっくりするぐらい難しい。

 

譜面とかタブ譜があって、それに沿って演奏するだとか、
キーやコード進行が決まってるセッションで、それなりに外しまくらないで済むように
コード・バッキングを当てたり、取り合えずペンタトニックでなんちゃってソロを挟んだり、
そういうのって結構簡単だったりしますよね。

1,2年間頑張って練習すれば、出来不出来はあるにせよ誰だってできる様になります。

コード・プレイとか、ペンタ・ソロとか、そういうのが簡単に出来るようになっちゃうのが
ギターって楽器の特徴っていってもいいのかも知れない。

それは良い事なんすかねぇ、本当は・・・

その辺りのところまでは(比較的)楽に習得出来てしまう反面、
その後、本当に長く音楽と付き合っていくために必要な技能や知識を習得する機会に
恵まれ難いって面があるように思うんです、ギターって。

 

 

  • 挫折せずにギターを続けていくために

 

わたしもそうですが、中高生、もしくはそれ以上の年齢になってギターをはじめた人。
子供の頃にピアノとかエレクトーンとかの音楽教室に通った経験もなく、
学校の音楽の授業以上の知識もなくギターをはじめた人。

その上、身近に楽器演奏(ギター以外でも)に精通した人がいない人。

 
危険です。。。

注意してくださいね、挫折したり、つまらなくなってやめちゃったりとか・・・

 

ちなみにわたしも何回か挫折したり、また始めたりしてます。
挫折というかフェードアウトっていうか・・・

環境の変化とか、時間がないとか、理由はアレコレ考えられますけど、
それでも続けてる人は細々であっても続けてますから。言い分けしちゃいけません。

 

ギターって最初は大変ですよね。
まずまともな音が出るまで時間がかかります。(これは鍵盤楽器以外のあらゆる楽器に
共通する難しさだと思いますけど)

何とかそこを乗り切って、ある程度コードも押さえられるようになってしまうと、
他の楽器では考えられないほど一挙に、ビッグバン的なビックリするほどのスピードで
”出来る事”が広がるんです。

これがギターの面白いところですよね。

 

あれ?なんだか本のレビューじゃなくなってるな。
ちょっと、話題を戻そう。

 

それで、ですね。

ギターって楽器は、ちょこっとコードが押さえられるようになって来ましたよってぐらいの
習熟度になると加速度的に、アレもコレも何でも対応して演奏できてしまうようになれちゃう。

その種明かしは、この本でも何度も触れられてます。

つまり、「視覚に頼って演奏できちゃうから」なんですよ。

自分がどういう音を出してるのか、その音名も音程も理屈もまったく分からなくったって、
フォームさえ知っていればいいんだから簡単なもんです。

簡単なもんなんだけど、それを何年も何年も繰り返してると・・・

飽きてきちゃいます。

 

ただただ、タブ譜をなぞるだけ、耳コピした音をなぞるだけの演奏。

アドリブといえばペンタトニック一発のダラダラソロ。

 

飽きるなという方が無理があります。

 

 

  • 音楽で、楽器で、楽しく遊ぶために

 

やっぱり、最低限の音楽的な知識と技能が必要なんです。
ロケンローでもシェゲナベイベーでもアナーキーインザユーケーだろうと、
必要な物は必要なんすよ。

世の中を見回してみれば、
プロのギタリストで成功を収めてる人の中で、幼い頃にピアノやってましたとか、
バイオリンやってましたとか、エレクトーンやってましたとかさ、多い事多い事。

そういう基礎のある人は楽器をギターに持ち替えたってちゃんと音楽出来るってのは
当たり前の話ですよね。

 

いやいや、アレですわ・・・

こちとらそんな素養はありゃしね~んだよ~~!!

いや、マジデ。

お坊ちゃんか、テメーは!
ロッカーとかほざきながら、おぼっちゃまかっ!!

バイオリンのお稽古とかフザケンナ!!

 

・・・・・。

いや、失敬。

まあ、ともかく。そういう素養のないわれわれは、この「耳と感性でギターが弾ける本
とかを使って、足りない音楽的素養を高めてくしかないんだと思いますよ。。。

 



 
 
 

レビューになってますかね?これ??

これは脳トレだ!パズル・ゲームだと割り切って譜面を読む練習

あちこちのギター練習がらみのサイトを徘徊してたら、個人的に衝撃的な啓示を受けて
しまったので、ふ、ふ、再び読譜の練習を再開させる決意をしてみた。

すでに挫折してしまったと言っていいバークリーのモダン・メソッド・ギターの過去記事を
読み直してみたけど、もうかれこれ4ヶ月も経ってるんだよね。
結局のところ続いてないんだけどさ・・・

いい教本ですよ、これ。シンプルだし、分かりやすいし。

もう一度やり直したい気持ちもある。

ただ一つだけ難があるとすれば(100%いちゃもん付けてるだけですけど)
ギターを抱えちゃうとバリバリ弾きたくなっちゃって、この本の訓練とかチマチマやってらんない!
っていう気分になっちゃう事。

 

はい。責任は全てわたしにあります・・・
それは重々承知しておりますです。

でもまあ、結果的に続けられなくなっちゃって放ったらかしにしてました。

 

それでもなお、読譜の練習はしなきゃだめだよねぇ、何とかなんないもんだろうか、と
漠然とは考えてたんですよね。

 

そんな折にCycle of Jazzというサイトに行き当たりました。

始めはまあ良くあるジャズ系のレッスン・サイトだなとしか思わなかったんですが、
これが結構ためになる心構えや練習方法が面白い。

特に衝撃を受けたのは(大げさだけど)トレーニング(スタンダード・ブックの活用)

 

読んでもらえればそのまんまですが、あえて噛み砕いて概略すれば

「ジャズを習得するにはコード・トーンとか度数がすぐ頭に浮かぶっていうのが大前提。
それが出来なきゃ始まらないから訓練しなさいよ。
そんで、そういう訓練はギター抱えてないときにやりなさいね。」

との事。

これってジャズだけに限った話じゃないと思うんですけど、どうなんでしょ?

 
多かれ少なかれ、全てのポップ・ミュージック(コード進行に依存する系の音楽)には
この格言が当てはまるんじゃないかな。(あやふや)

 

コード・トーン」っていうのはコードの構成音。
つまり曲中に Em7  と出てきたら、その構成音は「E, G, B, D」だと、瞬時に閃かなきゃいけないって事。

さらに、この曲のキーが Dメジャー なら Em7 = IIm7 (2度) だって事も瞬時に了解
出来なきゃジャズでインプロ(アドリブ)なんて出来ませんよ、って事ですよね。

 

これはもう基本中の基本。これが出来なきゃ話が進まないってぐらいの基本。

これをパスできるようになって初めて、じゃあその「E, G, B, D」が指板上のどこに配置
されてるかとか、例えばこの後 II - V とコードが進んでいくならどのようにアドリブを
組み立てていくんだとか、そういうお話が出来るようになる・・・・んでしょうね・・・たぶん。

 

わたしにゃムリです。
キーがCメジャーじゃなきゃ度数も構成音もパッと出てこない・・・

いやいや、キーがCでもパッとは出てこない。

 

 

なんか、納得しちゃったんですよ。

まずは、コレだ!・・・・・、と。

 

同じく、このサイトに示されてる訓練法もいたってシンプルで好感が持てます。

 

「ジャズ・スタンダードの楽譜集を買って、片っ端から読め!!」
 
(いわゆるリアル・ブックと呼ばれる系統の物がいいと思います。簡素化されたメロディー譜と基本的なコード進行の載った楽譜)

 

その読み方も、4つの設問に答える形式で指示されてる。

  1. 曲のキーを答えろ
  2. コード・トーンを答えろ
  3. コードの度数を答えろ
  4. コードのルートから見たメロディーの度数を答えろ
 

こういう明快なやり方ってステキ。

さっそくザプロフェッショナル スタンダードジャズハンドブック を買って読譜練習を始めました。

 

 

 

今のところ中々いい調子。

まさに、脳トレかパズルでもやってるような気分で、気楽にやってます。

フレットボード・ワークブック(Guitar Fretboard Workbook)に取り組んでたときもそうですが、
通勤電車の中で出来るっていうのがわたしの性に合ってるみたい。

 

1日1曲、週末は休んだとしても1週間に5曲を(理想的な)ペースとしても、
全208曲を制覇するには10~11ヶ月間ほどかかる計算。
(すでにペースダウンしてんだけどね・・・)

徐々にペースが上がってくれる事を期待しつつ・・・

 

ちなみにこのジャズ・スタンダード本、コードと基本的なメロディー譜のみの内容だから、
これを使ってバークリー・メソッド的に使ってもいいし、
インサイド・インプロビゼイションのメソッドを当てても行ける。

まず最初は読み慣れることが重要だけど、将来的にはそういう方向へ進んでいけば
いいんじゃないのかな?

 

そんなロード・マップを描きつつ、まあともかく。

まずは一周やってみる。

 

まるでパズルでも解いてるようだ (バークリー/モダンメソッド・ギター)

まだ始めてから1週間経たないぐらいですけど、なんとか続けてます、

バークリー/モダンメソッドギター 1

続けてるといっても、毎日5分~10分程度しかやってないけどね。
っていうか、とてもそれ以上やれるほど集中力が続かない、10分もやったらへとへと・・・

読譜の練習ってまるでパズルを解いてるみたいな感じです。それもじっくり腕組みして考える
ようなのじゃなくて、テトリスとかぷよぷよみたいなリアルタイム性のあるパズル・ゲーム。

まだ始めたばかなので、「昨日よりはスムーズになってるなぁ」と日々実感できるし、
その点では楽しめてるかも?
とはいっても最初の数ページを繰り返してるだけなんだけどねぇ。

 

それに、イン・タイムでは弾けないっすね、全部は。
単音はまだ良くても複音になるとメチャメチャ難しい。瞬時に音符を読み取って弦を押さえて
ピッキングなんて無理!

暗譜しちゃうほど繰り返したら意味がないので、イン・タイムでやりきれなくてもちょっとづつ
先に進めちゃうつもりです。
(適度に進んでから前に戻ってサラッと復習してみるみたいな)

所詮は5分、10分なので相当に時間がかかりそうな予感、だけど取りあえず3ヶ月は
取り組んでみようと思ってます。その程度でどこまで音符が読めるようになるかは謎だけど。

重い腰を上げてみた・・・バークリー/モダンメソッドギター

フレットボード・ワークブック(Guitar Fretboard Workbook)をやり終えてから放ったらかしに
なってる「ギターの指板を把握する」ってやつとか、

書いて覚える徹底!!聴音<長調編>
以降進展のないイヤー・トレーニングとか、

どうしたもんかなぁと、まだやんなきゃ駄目なの?とか呟くナマケ虫が肩口でウゾウゾと這い
回ってたりするんですけど、公正にみてどっちも中途半端な状態で止まっちゃってるって事
には間違いないんですよねぇ。

 

  • ギターの練習って・・・本当に孤独で地道だなあ

ちょっと前に前年度の自分のギター練習を振り返って見ましたけど、マヂで基礎練習しかやってない・・・
その割にはたいして上達してないし・・・

未だにやってんのはスケール練習と右手振りまくりのカッティングを安定させる事ばっかりだし、
この暗いトンネルを抜け出る日は来んのかいな?と、たまにですけどうんざりしたりして。

でも考えてみれば、私が始めてギターを手にしたのが中学3年ぐらいで、その後弾くのを
止めちゃったのが多分23,4歳ぐらい、それほど熱心なプレーヤーじゃなかったけど延べ
8~9年はやってた計算になるんですよね。

それぐらい続けてたって、思い起こせばバリバリと自由に弾きこなしてた分けでもないし、
スケールなんてペンタトニックぐらいしか知らなかったし・・・
結局はギターの才能やら、自分がギターに注げる情熱の量とかを鑑みれば、1年やそこら
基礎練習が続いたからといって文句を垂れるなんざぁおこがましいってもんですよ。

(こんな悠長な事は自分が再開組みだから出来る事だろうと感じてます。これが本当にギターを始めて1年目の最初の最初だったら、とっくにギターなんぞ投げ捨ててるでしょうね。)

 

 

  • 次なるステップは読譜だ!

まあプレイの面ではまだまだ時間がかかりそうだし、もう暫くはその周辺的なこと、
指板の把握やら耳トレやらを続けてみようと、そんな風に思い直して重い腰を上げてみよう
っていういつものパターンです。

出来た方がいいだろうな、と思いつつも難しかったり面倒だったりで今まで取り組んで
来なかったシリーズの第3弾。

第1弾は指板の把握。やるとやらないとじゃ大違い、でも中途半端な理解のまま。
第2弾はイヤー・トレーニング。これまた中途半端で休眠中。

そして第3弾は読譜!!

(考えてみたら本当の第一弾は音楽理論の勉強だったかも。ってことは第4弾だな、これは)

 

  • 読譜できたからって何なのさ?

読譜ってようするに譜面が読めること。
んで、ギタリストにとって読譜ができるって事は
オタマジャクシを読みながらギターが弾けるって事ですよ!!

これって、指板の把握やイヤー・トレーニングとも直結してくると思うんです。

だって、譜面で "B" の音を弾けって書かれてるとして、もちろんその譜面が "B" の音を
要求してるんだって読み取れなきゃ始まりませんけど、それを受けてギターで "B" の音を
鳴らすためには指板上の何処に "B" の音があるのか知らなきゃ始まらないじゃないっすか。

しかもそれをイン・テンポで連続的に処理できなきゃ曲にならないってんだから
難易度はべらぼうに高そう・・・・

それに、そういうのをある程度のレベルでこなすためにはですよ、
ギターが音を奏でる前にそのリズムとメロディーがある程度分からないと難しいような・・・(多分だけど)

って事はソルフェージュに近いような事も必要になってくるのでは?

 

  • 教本はバークリーのヤツです

って事で、教本を買ってきました。
(もはや教本コレクターの域に達しそうな勢いですけど)

前々から気にはなってたんですよね。
バークリー/モダンメソッドギター 1 っていう結構昔からある有名な教科書。

ちらっと立ち読みするたび、5線譜がびっちり詰まった絵面にビビッて棚に戻すを
繰り返してきたんですけど、今回は意を決して購入しました。

む、難しい・・・けど、何とかなりそう・・・かな?繰り返していけば、多分・・・

無料ブログはココログ